SK-II (SK2 / エスケーツー)

SK-II (SK2 / エスケーツー)の乳液代表:スキンパワークリームは、濃縮ピテラが入ったしっかりとコクのある質感のあるクリームです。うるツヤ肌を目指し、クリアな素肌を整える乳液となっています。今回は口コミも含め、実際に使ってみてどんな感じなのかまとめましたので、ご参考ください。

銀行

銀行の就職人気は昔から変わらず上位にあります。しかし「銀行はやめたほうがいい」との声も多くあります。理由はノルマがきつかったり、ブラックだったりとネガティブのイメージが多いからです。しかし、それはアテにならず一概には言えません。まずは就職して、やっぱり嫌だったら銀行を踏み台にして転職すれば良いのです。

銀行

スキルがないと困っている銀行員の皆さん。自信を持ってください。銀行で身につき鍛えられたスキルは他業界でも一般的に幅広く適用できます。そもそも銀行員のスキルってどのようなものなのか?実際に転職したらどんな活躍をしているのか。解説していきます。

銀行

銀行員は毎年1回、5日間連続休暇の制度があります。(祝日も挟めば10〜12日くらい)社会人になればまとまったお休みが取れることはありませよね。。しかし、銀行は最低でも1週間はガッツリお休みが取れます。プライベートを優先にしたい方は銀行はある意味良い会社ですよ。

銀行

銀行に憧れて就職したものの、激務で疲れたり転職したりと銀行に就職したことに後悔しているのでは?と声がありますが、そんなことはありません。銀行に就職できたのは新卒だから入れたと思っています。そこで経験したことは今後に必ず活かせるので、短年で辞めたのは勿体ないと感じつつも後悔はありません。

 

銀行

30代の女性銀行員はスキルや能力はそれなりに積んでおり、転職活動をしても銀行員の強みを正しくアピールすることは可能です。30代は即戦力を求めている会社が多く、銀行員でやってきた高いポテンシャルできっと活躍はできるでしょう。ただし、確実に収入もアップするとは考えない方が良いでしょう。

 

転職

人間関係が上手くいかない・体育会系の社風が合わない・飲み会が苦痛など、銀行に勤めてからわかったことです。我慢して耐える選択肢もありますが、無理な場合は転職するのもアリです。ただし、安易な転職をしたら後悔することもあります。

銀行

企業から見た銀行員の強みは、①優秀な人材②お金の扱いをよく知っている③丁寧に仕事をこなしてくれると思われています。また、銀行にいたからこそ鍛えられた強みは、①細かい作業を継続する力②ストレスに強い③軽率な判断をしない強度なリスク管理です。異業種に転職したとしても、強みを活かせないことはありません。仕事の姿勢をそのまま評価してくれます。

銀行

20代は若手層でもあり、転職したいと思ったらまだやり直しが効きます。その中でも銀行で働いていたのであればさらに歓迎されるでしょう。銀行員は勉強熱心であり、お金関係の豊富な知識やマナーなどが 他業界から重宝されます。転職したいと思ったら一番良い時期です。

銀行

銀行業務は他業界にはない業務のため、その仕事しかやったことがない銀行員は確かに使えないのでは?と思ってしまいます。しかし、銀行に培った高いスキル・能力は他業界で応用できます。使えないと思うのは他業界からの高すぎる理想です。