Written by moguko

【理想の転職先が見つからない】現職よりも良い会社はどこ?【100%はない。80%の理想を探そう】

銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

転職活動中で頑張っているそこのあなた、良いなと思った求人をありましたか?

自分に合う求人がわからない場合、きちんとフィルターをかけて探し切れていないのがほとんど。ただ求人を、眺めているだけでは転職先は見つかりません。

今回は、転職先が見つからない原因、自分に合った希望求人は何か?もしかしたら、既に出会っていてもあなたはまだ気付いていない可能性もアリ。自分軸がブレてはいけせんよ。

本記事の内容

  • 【転職先が見つからない】あなたの軸がブレているから
  • 【現職の仕事と比較】あなたの不満はどのくらい解消できるか
  • 【100%理想の求人はない】80%あたりの求人を探そう

スポンサーリンク

【転職先が見つからない】あなたの軸がブレているから


失敗は成功の元。また、あなたの理想が想像と違うところがあります。

  • 理想が高すぎる
  • 失敗したくない
  • 単純にやりたいことがない

解説していきます。

理想が高すぎる

求人を見つけるとき、頭の中ではこんなこと考えていませんか?

  • 給与の高いところ
  • 勤務時間の短いところ
  • ラクそうな仕事か
  • 自宅から近いか
  • 筆記試験はないか

今の仕事よりも全てにおいて上回っているかどうか、無意識に見ているはずです。

転職はサクッと成功させたいのが本音。できれば苦労はしたくない。ラクに転職して、その後はゆったり仕事したい。そんな願望を持っている方がほとんどでしょう。

残念ながら、世の中そんなに甘くありません。そんな良い転職先があれば、みんな就職しています。ク苦労が当たり前とは言いませんが、ラクして転職も当たり前ではありません。

失敗したくない

「この会社は大丈夫かな・・・」とエントリーした会社に不安をもつのは無意味です。

まずその会社から採用されるかどうかわかりませんし、面接で落とされる可能性もアリ。エントリーから抵抗感が生まれていたら、どこにも転職できません。

ガンガンエントリーしてある程度進んでいったら、そこから選別すればOK。選考を受けてフィーリングが違ったら即辞退。前文で言った通り、理想を高く持ちすぎないことも必要です。

単純にやりたいことがない

まず自己分析が必要。何が得意で不得意なのか?自分のことを知るところからスタートしましょう。

コツはやりたくないことを先に見つけること。断固拒否なくらいの抵抗があるような仕事を先に見つけるのです。それを省き、フィルターをかけていけばやりたいこと、または興味のある仕事が絞られてきます。

イヤな業種をどんどんピックアップして、絞り込んでいきましょう。下記の診断ツールが役に立ちます。
>>RT_グッドポイント診断×転職決定数No1_グッドポイント

スポンサーリンク

【現職の仕事と比較】あなたの不満はどのくらい解消できるか


転職したい原因は、主に不満があるから。その不満は転職先で解消されますか?

不満対象

  • 人間関係の悩み
  • 給料などの待遇
  • 長時間労働の解消
  • 仕事が向いていない
  • 社風が合わない
  • 責任が重い

不満に感じている項目が多いほど、転職したい気持ちが高め。たくさんあったら転職した方が早いですよね。あとは、どのくらい解消できるかによります。

比較して客観的に判断してみよう

不満を5段階評価して分析すると、私はこうなりました。(数字が高いほど、不満が強いことを表します。)

不満対象の比較表(過去)

不満項目銀行小さな会社(転職)
人間関係の悩み53〜4あたり
給料などの待遇1
長時間労働の解消
仕事が向いていない
社風が合わない3
責任が重い3

こんな感じ(転職先はほぼ2~3の間で固定)
給料面を除けば、全てにおいてある程度の不満を解消できました。

給料が安くなっても、私は満足。転職先は銀行よりはラクな仕事。結局3年で辞めてしまいましたが、当時は満足していました。

今はさらに良い会社に恵まれ、5年以上勤務しています。現在の会社を数字で表すなら、下記の通り↓

不満対象の比較表(現在)

不満項目小さな会社(転職)大手保険会社
人間関係の悩み3〜4あたり
給料などの待遇
長時間労働の解消
仕事が向いていない
社風が合わない
責任が重い

あのとき、再度転職を決めた自分に感謝。転職は人生を変えます。

行動しなければ不満は解消されない

不満を解消したいなら同じ行動、ルーティーンを変えることです。変化がなければ、何も変わりません。

頭で辞めたい気持ちを持っていても、明日はやってきます。転職したいなら、転職サイトに登録→求人を見る→面接に行く。これをやりましょう。

もし、やりたいことが決まっていないなら、自己分析しながら同時並行で求人を見る手段もアリ。「この求人気になるな」・「エントリーしてみようかな」と思ったら、即ポチです。

探す手段はたくさんあります。

  • 就職・転職サイト
  • 企業の公式Webサイトの採用情報
  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 職業訓練

いつもと違う行動があなたの未来を変えていきます。

スポンサーリンク

【100%理想の求人はない】80%あたりの求人を探そう


100%を目指すと絞りすぎて求人がなくなってしまいます。・・・て言うか多分ありません。妥協できる点を見つけて、80%希望条件に合った転職先を見つけましょう。

あなたは、どこを妥協できますか?

  • 給与
  • 職場環境
  • 勤務地
  • 労働時間

ある程度絞り、一部は妥協する。その間で探していけば、あなたに合った求人を見つけれます。

妥協できる所は余裕のある証拠

私の場合はこうなります。

妥協できない点

  • 事務職以外はやりたくない
  • 接客は苦手
  • 通勤1時間圏内
  • 営業はやらない
  • 内勤のみ
  • 労働時間が17時で終わること

とにかく内勤。事務職は絶対です。

妥協できる点

  • 給料は下がってもOK
  • 残業は1〜2時間程度なら問題ない
  • 事務職ならaccessやPowerPointなど、やったことない仕事がきてもOK

私はキャリア志向ではなかったので、給与面は妥協できました。

得意を伸ばす仕事なら、難題が出ても克服できる自信アリ。わからなかったらググったり、本で調べたらわかることです。好きな仕事だったら、努力できます。

お金を妥協できれば、ほとんどの願いは叶います。お金を埋め合わせしたかったら、副業や資産運用で稼ぎましょう。疲弊して大金を稼ぐより、自分のペースで稼ぐ方が人生豊かになれます。

あなたが働きやすい環境で仕事をするのが1番良い

転職の大きな目的は、あなたが働きやすい職場を探すことです。

どんなに給料が良くても、環境が悪ければ長続きしません。また、やりがいを感じない仕事も同様。毎日良いことばかりでなくても、やりがいを感じながら働きやすい環境で仕事をするのは1番幸福なことです。

それを本気で見つけるにはどうすれば良いのか?明日からの行動にかかってきます。

  • 文句を言いながら働く人
  • 諦めた人生を送って働く人
  • マウントをとって自分の威厳を守る人
  • イヤなことがあってもしがみつく人
  • 現状維持にこだわる人

世の中、こんな人たちはたくさんいます。そんな働き方を送る、送らないを選択したのはその方たち自身です。

それがイヤなら、人と違う行動をとりましょう。探せばあなたにあった仕事、最適な環境は必ずあります。

  • 今の仕事と比較しながら、何に不満をもっているのか?→イライラしていることは何?
  • 一番解消したいことは何か?→それは社内で解決できること?
  • それを解決するにはどうしたら良いのか?→自分が変わるか、会社が変わってくれるか

理想の転職先を夢で終わらせてはいけません。まずは探しましょう。その中で妥協できる点を含め、あなたらしい働き方を見つけるのです。私は3社目で見つかりました。諦めなければ絶対にありますよ。٩(๑•̀ω•́๑)۶

関連記事