Written by moguko

【転職で逃げて何が悪い?】こじれた人間関係はさっさと離れよう。【いいコちゃんはこじれる原因です】

銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

私は人間関係を理由に2回転職し、逃げました。

仕事がキツいと感じたこともありますが、体調を壊さない限り、人間関係が良ければ私はまだ銀行で働いていたと思います。(給料も良いしね)

人間関係って本当に重要。しかし、合わなければさっさと転職して新しい人間関係を構築した方が早いです。人はそう簡単に変われません。

人間関係を理由に逃げて何が悪いのか?いいえ、悪くありません。言えることは1つ。いいコちゃんをやめてもっと自分を大切にすべきです。

本記事の内容

  • 【逃げても良い】人間関係は簡単に解決しない(よくある6つのケース)
  • 【経験談】人間関係を理由に2回転職した感想
  • 逃げの転職は悪くない。人間関係の失敗がわかってくる

スポンサーリンク

【逃げても良い】人間関係は簡単に解決しない(よくある5つのケース)


結論:人間関係に悩まない人は誰もいません。答えがでないなら、さっさと転職しましょう。

よくあるケース5つ

  • 人手不足で雰囲気が悪い
  • 陰で悪口を言われている
  • 人間の質が良くない
  • 意図的に嫌がらせをしてくる
  • あなたの人間性に問題あり

解説していきます。

人手不足で雰囲気が悪い

人手不足は、イライラを募らせます。

  • 仕事量が多い
  • 作業にムラがでる
  • 休みがない

例えば、3人でやっていた仕事を1人でこなす場合、当然時間もかかり残業しないと片付きません。

労働時間が増え、休みが減る。給料が上がればまだ頑張れるかも知れませんが、それでもかなりキツいでしょう。終わらない仕事に先が見えず、イライラが増え、雰囲気が悪化するパターンです。

単純に、人を雇えば解決できますが、それが難しい場合、経営の問題を解決しなければ、永遠に人手不足は解決しないでしょう。

影で悪口を言われている

よくあることかも知れませんが、耐える必要はありません。

そもそも毎日悪口を言う人は人間性を疑います。他人の悪口を言って何が楽しいのでしょうか?ぶっちゃけまともではありません。

そういう人は、あなただけでなく、他の人の悪口を言っています。みんなに当たり散らし、自分を上に見せようとするだけ。相手にするだけムダです。

ムシをするのが最良の選択ですが、それが耐えられない方は、その職場から離れるべき。相手にする価値はありません。

人間の質が良くない

質が良くない=あなたと合わない人を指します。

  • 自己中心的
  • 仕事をしない
  • 責任転嫁をする

上記のような人はみんな合わないでしょう。

どれだけ頑張っていても、責任を押し付けられたり、足を引っ張る人が複数人いたら、あなたが疲弊してしまいます。もうそうなったら、先のことを考えた方が良いですよ。

あなたの居場所はそこだけではありません。マリオに例えると、ずっと毒キノコを食わされているのと一緒ですよ。

意図的に嫌がらせをしてくる

まず、人に嫌がらせをする人間の対処法は2つあります。

  • 証拠をつかんで訴える
  • さっさと離れて転職する

人に迷惑をかけていることをわかっていないので、まともに話してもムダ。また、誰も助けてくれない状況もよろしくありませんね。

訴えると言うことは弁護士を頼むことになります。もちろん費用もかかります。(5万〜10万程度)ただ、そこまでしてあなたはその会社に残りたいですか?

残る価値があるなら、証拠を集めて嫌がらせを止めてもらえるように訴えましょう。もし、そうでないならさっさと転職して離れることをオススメします。

嫌がらせをしている人間を見て見ぬフリをしている会社は、あなたいるべき場所ではありませんよ。

あなたの人間性に問題あり

ちょっとドキっとしたかも知れませんが、あなたがおかしな人間だから。と言うことではありません。ただ、人とどう接しているか理解すべきです。

  • 周りに合わせようと必死になっている
  • イヤなことをNoと言えない
  • みんなに良い顔をする

嫌われないように接していませんか?イヤなことも断らず引き受けていませんか?それが積み重なっていくとしんどくなるのはあなたです。

「不平不満を言わないいいコちゃん」と誤解され、それが逆に悪口を言われたり、嫌がらせをしてくるのです。こちらの気遣いが裏目に出た証拠。人間関係をこじらせたのはあなたのせいになります。

会社は学校ではないので、あちこちに愛想振りまく必要なし。適度な距離感で接し、仕事をすればOK。人との距離が近い仕事をしている方は、その仕事は向いていないかも知れませんよ。

スポンサーリンク

【経験談】人間関係を理由に2回転職した感想


結論、自分が変わらなければ、どこに行っても一緒だと感じました。

自分が変わるために、やめたこと

  • ムリをして真剣に働く
  • 他人に嫌われないように振舞う
  • 何でも引き受ける

上記の通り、相手目線で動くことをやめました。

相手の顔色を伺ったところで、機嫌が良い・悪いは相手の感情であり、あなたはコントロールできません。まず、自分の仕事をしろよって感じですよね。

他人に嫌われるのを恐れるイイコちゃんでいたのです。自分から人間関係をこじらせたようなもんなので、反省してます。

気の合わない人間は必ずいる

みんな良い人そうでも、それは表面上だけ。あっさりした関係が無難です。

一匹狼になれとは言いませんが、みんなの顔色を伺っても不安は解消されません。ただの自己満足です。

気の合わない人とは距離を置くこと。ムリに近づく必要なし。仲の良い人も一定の距離感で接する方がラク。仲良くしなければクビなんてことはないのですから。

仕事も人も適度に頑張り、適度に距離をとる。これが人間関係を理由に2回転職し、学んだ経験です。

スポンサーリンク

逃げの転職は悪くない。人間関係の失敗がわかってくる


子供じゃないんですから、全員と仲良くすることはぶっちゃけムリです。

人間関係の失敗をなくす方法

結論、八方美人でいることです。

  • 距離をとる
  • 深入りしない
  • クヨクヨ考えない

個人的ですが、人間関係のこじれる原因は深入りし過ぎることかと推測。必要以上に気を遣ったり、面倒ごとに巻き込まれる恐れがあるからです。

最善策は、ドライな人間でいること。冷たい人間と言われてもOK。これだけで飲み会や付き合いに誘われることはありません。仕事仲間はこんな感じで良いと思いますよ。

仕事のために深入りしたり、プライベートを犠牲にすると、必ずストレスとトラブルが発生します。

逃げではなくリセット。あなたに合った職場は必ずある

人間関係は1度こじれると、なかなか修復しません。

  • プライドを傷つけられた
  • 暴言を言われて傷ついた
  • 嫌がらせをされて、不快になった

言葉に敏感な人、余計な一言で人間関係はこじれてしまうのです。この仕組みがわかれば、次の転職先では人との接し方を見直しつつ、接し方を改めることができます。

個人的ですが、おしゃべりな人とは絶対距離を置くべき。余計なことをしゃべる人は、確実にトラブルに発展します。巻き込まれたら面倒ですよ。

良い職場はこんな特徴があります。

  • 干渉しない
  • 常識を理解している
  • プライベートをズカズカ聞かない

最低限のマナー=コンプライアンスを理解している証拠。あと、このような職場はいいコちゃんはいません。みんなドライな感じ。自分の機嫌は自分でとる。自立した人が多いです。

人間関係をこじらせたくなかったら、極力踏み込まない。一定距離をとる。これがあなたを大切にすることであり、相手にも配慮のある対応になります。

限界を感じたらさっさと転職。悩んで考えても、答えが出なければ苦しいだけ。都合の良いいいコちゃんになっていた人、そこまで媚びる必要はありません。もっと自分に自信を持ちましょう。(ง๑ •̀_•́)ง

関連記事