【スキルがないから転職できない】そんな訳ない。今まで銀行で何してたんですか?

銀行

こんにちは、mogukoです。

「スキルがないから転職できない」

これを理由に転職を諦め、残る選択肢をする人がいると思います。(銀行以外の方にも言えることですね。)

  • 資格をとったらスキルはあるとみなすのか
  • どんなスキルを持っていたら評価されるのか
  • スキルが身につかない仕事を今までしていたのか

資格を持っていたら確かにアピールにはなります。ですが、ただ取得しただけではただのお飾りです。銀行で働いてて、スキルが全くないてことはないはずです。

本記事の内容

  • 【スキルがないから転職できない?】銀行員のスキルとは?
  • 【難しくない】転職して活かせた銀行のスキル

【スキルがないから転職できない?】銀行員のスキルとは?


スキルってよく聞きますが、具体的にどういう意味なのか調べてみました。

辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書から抜粋

スキル(英:skill)とは、「技能(技術的な能力)」を意味する語であり、とりわけ「訓練や学習によって培われた高度な能力」を指す意味で用いられる表現。身体的能力を駆使する技術・能力の他、いわゆるコミュニケーション能力や、知識や教養なども、「スキル」として扱われることが多々ある。

ざっくり言えば、そこの会社で教えられてきたことが全てスキルになります。

金融業界で会得できるスキルとは?

下記の4つです。

  • コミュニケーション
  • PC操作スキル
  • 忍耐力
  • 柔軟性

銀行にいたら自然と鍛えられ、身につくスキルだと思います。解説していきます。

コミュニケーション

銀行は、お客さんのお金を預かることが仕事です。大切なお金を定期預金に預けたり、運用に回すとなると、それを理解を頂くように円滑なコミュニケーションを図らないといけません。ただ理解を頂くだけではなく、お客さんとの間に信頼関係を構築することが重要となります。

PC操作スキル

業務によって異なるかも知れませんが、下記の通りです。

  • word
  • excel
  • powerpoint

Wordは、送付書や案内文書など、文書作成にはかかせないソフトです。Excelは決算書などを作成する際、数式を扱うことができれば、サクっと計算表が簡単に作れます。

特に営業をされていた方は、提案書などを作っていたと思うのでExcelやWordのスキルは身についていると思います。
「いやいや、そんな経験してない。窓口やっていたからそんなPCスキル持っていない」と言う方はタイピングはできると思うので、あとはWordやExcelのソフトを使って、文書やグラフを作れるように練習してみましょう。

忍耐力

武者修行ではありませんが、銀行はそれくらい忍耐力が必要になります。

  • プレッシャー
  • 我慢
  • 実行カ

毎年、プレッシャーや仕事内容に耐えられずに早期退職してしまう人が必ずいます。これが銀行の離職率の高い原因です。

また、クレームの対処もやっかいですよね。基本クレームはお金が必ず絡んでいます。無料ならば文句があってもクレームにまで発展しません。お金を預かる仕事なのでただペコペコ聞くだけでなく、ダメなものはダメと断固たる態度をとることも必要になってきます。

上から目線になるのは論外ですが、ここもバランスが必要な所です。

柔軟性

近年は、業務の効率化や処理の手間を省くため、インターネットを通した取引が普通になってきました。

もちろん変わったのはそれだけではありません。お金を取り扱う法改正なども随時行われています。まず自分が理解しなければ、お客さんに説明できません。古い情報を教えてしまってお客さんにご迷惑をかけないためにも、再度アップデートが必要になってきます。

そのアップデートについていけるか、めんどくさいと思うか、ここで柔軟性が鍛えられます。

スキルも大切だがそれ以上に求めている人材はコレ

実績や資格など持っていたらそれに越したことはありませんが、どこの会社も総合的に求めている人材は、積極性です。受け身ではなく、自分自身は何ができるかを常に考え、実行する力を持っている人を望んでいます。

古い考えに固執せず、状況に応じて柔軟に思考や行動を変化させられる力も求めているので、アップデートと同じことかと思いますが、柔軟性が役に立つのでないかと思います。

【難しくない】転職して活かせた銀行のスキル


実際、転職した会社で活かせたスキルは下記の通りです。

  • 細かい数字などの確認漏れを見つける
  • 外部との連携、書類の期限日は必ず守る(信頼Levelは高い)
  • 身だしなみ、整理整頓、身の回りの簡素化ができる

当たり前のことかも知れませんが、転職した会社は上記のことが全くできていませんでした。

実際にあったことです。↓

  • 予算や支払の数字が違う
  • 1日遅れても特に気にしない
  • 机の上には書類が散乱
  • だらしない恰好で出社する社員、スッピンで出社する女性社員

少人数の会社だったのでこれが普通なのかわかりませんが、こんな適当な会社があるのだなと逆に関心してしまいました。

これを考えると銀行ってすごいなと思います。銀行を含めて金融業界以上にルールの厳しい所はあるでしょうか?厳しいルールの中でもミスはありますが、確実に最小限に抑えられています。

やはりお金を扱う銀行は、身の回りや書類の扱いなど、どこの会社よりもリスク管理を徹底しているなと感じました。

銀行員が転職できないはずがない

正直、どこの業界でも普通にいけるはずです。一番行きやすいのは下記の4つです。

  • 他銀行・金融業界
  • 保険会社・不動産業界
  • 公務員
  • コンサルティング業務

同業界に有利なのは言うまでもありません。やってきた仕事内容を変えずに違う銀行で働くだけなので、即戦力としてすぐに働けます。

当時、一緒に働いていた同期は公務員志望が多く、仕事しながら試験勉強をしていました。(私もこっそり受けていました。)

公務員を目指していた理由は下記の通りです。

  • 銀行より安定
  • ノルマがない
  • ストレスが軽減される
  • ルールがゆるい

結論、厳しい環境でノルマをこなすのが疲れたのが理由です。(もちろん他の理由もありますよ)

また、銀行は民間企業なので経営が傾けば、吸収合併や人員削減をする可能性があります。公務員でしたら、それがないですよね(多分)。余程のことがない限り、クビになることはありません。

危機感を感じた同期は早々と公務員に転職する為、猛勉強していました。努力家です。

銀行のスキルはコンサルと相性が良い

コンサルティング会社に転職した同期は、融資の仕事をしていたことがきっかけでした。

銀行とコンサルの違い

  • 銀行:企業の返済能力があるかないかを見極め、判断
  • コンサル:企業の実績を上げるため、何をすれば良いのか提案

つまり問題解決です。企業側に寄り添って、困っていることを一緒に解決していきます。

銀行は融資をして、その後は特に何もしません。コンサルはお金を借りたらそこから何をすれば良いのか、企業側に立って問題解決をすることが仕事です。

そこにやりがいを感じた同期はそのままコンサルティング会社に転職しました。企業の後押しをする仕事に良いなと感じたかも知れませんね。

そんなスキルは持っていない。ムリ・・・と思った方は

事務職か、未経験業界に飛び込む選択肢もあります。私は事務職を選択しました。

銀行で、書類作成や簡単なグラフ表作成などやっていましたが、事務職は未経験です。事務職は女性が殺到してなかなか難しいと不安もありましたが、それでも転職できました。諦めなければ可能です。
>>事務職求人が多いおすすめ転職サイト・転職エージェント3選【女性限定サイトも紹介】

銀行の仕事がしんどくて「もうイヤだ」と感じても、銀行で鍛えられたスキルはなくなることはありません。

銀行でやってきた仕事に自信を持ちましょう。自信が持てない方も、根拠のない自信を持つことがあなたに合った転職先につながることがあります。(3回目で転職した私がそうでした)

是非、転職の原動力になれば幸いです。

関連記事

とりあえず転職したい方はコチラ

事務職に転職したい方はコチラ