【転職に活かしたい!】企業にアピールできる銀行員6つの強み。仕事できないとは言わせない。

銀行 銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

就活の時「自分の強みは何ですか?」と聞かれたことはないでしょうか?同じように銀行員にも強みがあります。でもどこに強みがあるの?と考えたことがあると思います。

正直言うと、銀行員と言うだけで強みです。何がそんなに良いのか?そこで、今回は銀行員の強みについて、企業からどう見られているか解説していきたいと思います。

是非、ご参考ください。

本記事の内容

  • 企業から見た銀行員の強み・銀行から鍛えられた強み(6項目)
  • 銀行員の強みを活かすために大切なこと
  • イメージと鍛えられた強みをアピールして発揮していこう

企業から見た銀行員の強み・銀行から鍛えられた強み(6項目)

企業から見た銀行員の強み

下記の通りです。

  • 優秀な人材
  • お金の扱いをよく知っている
  • 丁寧に仕事をこなしてくれる

解説していきます。

優秀な人材

なぜそう思われるのかは、こんな感じです。

  • 会計に対する知識やスキルを持っている
  • 相手を説得させる能力を持っている
  • 数字に強い

銀行の仕事は他企業から見たら特殊です。

例えば、融資なら貸借対照表などの財務諸表を見て、本当に返済できるかどうかをシュミレーションをしたり、担保はあるかどうかを調査をしたり、細かく調べ上げた上で判断します。最後は、融資の決定権を持っている担当者を説得する為に、稟議書を作って準備しないといけません。

お金を貸すことはリスクもあるので、そのリスクをより軽減できるための材料が揃っているかどうか、またその会社は本当にお金を貸して大丈夫な所か徹底的に調べ上げます。

どこを見たら良いのか、隠していることはないか、それを見抜く力を持っているのが銀行員です。

お金の扱いをよく知っている

これは言うまでもありません。お金を毎日をさわって、管理しているのは銀行だけです。

もしフロアに10円玉が落ちていたら、どうしますか?銀行だったらあり得ない行為ですよね。「何で落ちているんだ?」と犯人探しが始まるくらい神経質になるのが普通です。

しかし、他業界に行ったらフロアに10円玉落ちても、そのまま誰かが拾って「ラッキー」と言って終わりです。ちょっと極端かも知れませんが、それくらいお金に関する考え方が違います。

お金のプロと思われるのは、こう言う所かも知れません。

丁寧に仕事をこなしてくれる

丁寧=ミスが少ないと言うことを指します。ミスは仕方ないと済まされないからです。

失敗は成功の元と言いますが、そんな甘い世界ではありません。ミスをしないように細心の注意を払って仕事をするからこそ、ミスなく丁寧な仕事ができるのです。

丁寧な仕事を身につけたからこそ、信頼できる人材として他企業を見てくれます。

銀行にいたからこそ鍛えられた強み

  • 細かい作業を継続する力
  • ストレスに強い
  • 軽率な判断をしない強度なリスク管理

解説していきます。

細かい作業を継続する力

丁寧な仕事とかぶりますが、細かい所まで目が届く仕事を何年もしたからこそ、それが当たり前となっています。

お金を管理する出納の担当になったら、その店の現金を管理しているので責任重大です。そのプレッシャーに耐えつつ、お金の過不足を発生させないように、細かいルールや管理に注意しながら、仕事をこなしていきます。

数えきれないくらい細かい決まりごとを守りながら、仕事をしていく力は銀行でかなり鍛えられます。

ストレスに強い

毎日プレッシャーとの闘いですので、ストレス度合いは高いです、

大きな声では言えませんが、毎日誰かが怒られている現場はしょっちゅう見かけていました。それだけ気をつけろとの意味合いもありますが、怒られたり、毎日お金を管理するプレッシャーと闘ったりすると自然とストレスに強い人間となっていきます。

ノルマやプレッシャーなど、ストレスのかかる仕事でしんどいですが、そのしんどさが人を強くしてくれることもあります。

軽率な判断をしない強度なリスク管理

これは自信もって言えます。

  • 本人確認に怠りがない
  • 本当に正しい数字なのか根拠を明確にする
  • 審査に通らないものは、何があっても絶対通さない

「知り合いだから特別に」なんてサービスは銀行にありません。

書類に不備があれば書き直し、認可がおりなかったらやり直し、根拠が示さなければ再度提出、当たり前のことですが、銀行を含め金融業界以上にリスク管理を徹底している所はないと思います。

そんな銀行出身の人が他業界に転職したら、仕事全般のゆるさに衝撃を受けます。
デスクの上に書類があっても問題なし、お金が落ちてても問題なし、その後、トラブルに発展しなければ良いのですが、何かあってからでは遅いと考えてしまうのが銀行員です。

クセ付いたリスク管理は鉄壁です。どこに行っても通用するでしょう。

仕事しながら勉学にも励んできた努力家

また、銀行員は努力家のイメージもプラスの評価になります。入行して1年目からたくさんの試験勉強をしてきました。

普通なら仕事から帰ったら、家でスマホ見ながらゆっくりしたいところです。ですが、銀行員は家に帰っても試験勉強しなければいけない環境です。

残念ながら銀行業務検定でとった資格は他業界では評価は薄めですが、それでも履歴書に載せる価値はあります。(私は載せていました)

履歴書に資格取得欄があると思いますが、真っ白よりも埋めていた方がアピールに繋がります。たとえ反応が薄めでも、資格をとった勤勉性、勉学に励んできた努力家として、銀行員の強みを大いに活かせます。

銀行員の強みを活かすために大切なこと


強みを活かすコツは下記の3点です。

  • 若さを活かし早いうちに転職
  • 資格やキャリアアップを活かす
  • 在職中に転職

銀行員出身のイメージが良くても、いつでも転職が有利に働くとは限りません。

若さを活かし早いうちに転職

銀行の仕事に違和感を感じるなら、我慢せず見切りをつけましょう。

転職する際は1歳でも若い方が有利と言われます。

  • 新しい職場でも早く馴染める
  • フォローも手厚い
  • やる気さえあれば何でもできる

若いうちに転職すれば、周りはほとんど年上の先輩ばかりになります。
教えてくれる教育係の人も先輩の方がお互いやりやすいでしょう。(元銀行員の後輩が入ってきたと最初は警戒するかも知れませんが・・・)

これからの人材として見てくれます。仕事を任せてくれたり「やればできる。頑張れ」と若ければサポートもしてくれるでしょう。自信をもって新しい仕事に取り組むことができます。

資格やキャリアアップを積み上げる

資格は全く持っていないよりはマシです。履歴書に書けるので、アピール材料になります。
希望職種に関連するものや、取得が難しいもの、自己啓発の姿勢がうかがえるものは、採用担当者から「勉強熱心」「向上心がある」と印象づけることができます。

例え資格が取れなくても、自己啓発の姿勢がうかがえることを面接や自己PRでアピールすればOK。「取得できるようにこれからも勉強して合格を目指します」と言えば、プラスの印象を与えられます。

キャリアアップは管理職に就いたり、行風の合う他の銀行に転職する選択もあります。これまで積み上げた実績を客観的に分析して、能力を発揮できる場所に移れば、さらに積み上げることができるでしょう。

在職中に転職

転職する人で一番ベターな方法だと思います。

  • 収入の不安がない
  • 職歴のブランクがない
  • 思い留まることもできる

転職活動でお金がかかってくるとすれば、会社を訪問する交通費がかかってきます。
在職中ならお金を気にする不安がないので、安心して転職活動できます。また条件が合わなかったり、再検討や見送ることになっても、会社に留まれば良いだけの話。全く問題ありません。

納得いく転職先が見つからなければ、現職に留まるという選択ができるのでこの方法が一番ベターです。

しかし、時間が制約されているので面接の為に有給を取ったり、相手先企業に「すぐに来てほしい」と言われても動けない場合は、採用を見送る可能性もあります。

転職活動を始めるときは、業務がそんなに忙しくない時期などを狙って活動するなど、タイミングを見計って行動する方が良いかも知れません。

在職中がベストだが、退職してからも可能

私の場合は、銀行を辞めてから転職活動をしました。

在職中の方がもしかしたらもっと好評価を頂き、良い求人に出会えたかも知れませんが、エントリシートが通って面接まで進めたり、転職サイトではスカウトメール頂いたリと全く内定がもらえないと言うことはなく、それなりに必死に転職活動をした結果、事務職のお仕事に転職することができました。

年収やこだわりの企業を考えている方は、在職中に転職活動をした方が良いでしょう。
念願の会社に転職できる確率は上がると思います。しかし、そうではなく少しラクをしたいなと思っている方は、一般職などの求人でしたら状況にもよりますが、退職してからも何とかなると思います。

ここは景気にも左右されやすい所ですが、その中でも銀行員ブランドは健在なので、他の転職者よりは一歩リードはしています。

イメージと鍛えられた強みをアピールして発揮していこう


企業からのイメージはとても良いので、そこは遠慮せず堂々とアピールしていきましょう。

銀行から鍛えられた強みは、内面のスキルが大きいです。馴れ合いの職場で適当に仕事はしていません。

1分1秒緊張感を持って、幅広い金融知識を活かした事務処理能力や、安易な決断をしてはいけないリスク管理など、丁寧に確実な仕事をやり抜く力を持っているのは、金融業界=銀行によって鍛えられたスキルです。

特有の仕事が他業界でも十分活かせる

銀行業務は確かに金融業界のみ与えられた仕事であり、他業界ではやりません。

逆を言えば、その貴重な銀行業務からクセ付いたスキルを、他業界で活かすことができるのです。

  • 丁寧な事務処理能力
  • 大切なお金を任せられる信頼力
  • 個人情報などのデリケートなリスク管理

上記のような仕事は今まで普通に取り扱ってきました。
その仕事をどのように扱えば良いかよくわかっているはずです。そのような誰もがやりたがらない仕事を普通にこなせるのが銀行員です。

自分には強みもアピールポイントもないと言うことはありません。今までやってきた仕事スタイルで充分にアピールできる部分はあります。

もちろん、転職先でも覚えることや勉強はありますが、1から勉学に励むスタイルも身についているので、決してしんどいことはないと思います。

銀行員ブランドをプラスに活用し、新しい一歩を踏み出していきましょう。