Written by moguko

【転職はこっそりやるべし】内定後に喋ればOK。誰にも言わない方がスムーズに決まる。口は災いの元ですよ。

銀行 銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

転職を考えているそこのあなた。転職することを誰かに伝えましたか?

会社を辞める辞めない、やりたいことがあるなど、ペラペラ人に喋るのはやめときましょう。仲の良い同僚でも言わない方があなたのためです。

今回は、なぜ誰にも言わない方が良いのか?転職をすること自体、言いふらすとあなたにデメリットを被るからです。

本記事の内容

  • 【転職は黙って行え】誰にも言わない方が良い理由5つ
  • 転職活動がバレても継続しよう
  • 転職が決まったら話せばOK。ただし転職先は言うな

スポンサーリンク

【転職は黙って行え】誰にも言わない方が良い理由5つ


理由は下記の通り

  • 噂が広まる
  • 周りから白い目で見られる
  • 嫉妬や妬みをもたれる
  • 転職活動を妨害される恐れがある
  • 簡単に人を信用するな

解説していきます。

噂が広まる

どれだけ信頼している同僚や友達でも、大切なことは誰にも言わない。これが鉄則です。

信頼できる友達でも、サラッと悪気がなく言ってしまうことがあります。裏切られたと言うより、あなたの判断ミス。冷たい言い方になりますが、人とはそう言うもんです。

口が堅い人もこう思っているのです。「しゃべったらあなたが損する」。これを覚えておきましょう。

周りから白い目で見られる

いつもと違う態度、違う接し方をしてくる可能性があります。

また、唐突にどこに転職するのか?と聞いてくることもあり得ます。「イヤイヤしてないよ〜」と適当に返答してOK。バカ正直に答える必要はありません。

転職する勇気のない人からの目線で、これは次につながる嫉妬や妬みにつながります。

嫉妬や妬みをもたれる

転職をしたことがない。転職する勇気がない人は、あなたの行動はお手本にすべき行為です。

相手はビビってできないかも知れませんが、あなたはできます。足を引っ張ってくるような人はムシして、我が道を行きましょう。

しつこい場合もムシでOKですが「余計なことを言ったら損する」やっぱこれに尽きます。

転職活動を妨害される恐れがある

そもそも社内で転職に賛成する人っているんでしょうか?転職活動をしていると面接を受けたり、休暇をとったりと忙しくなります。そしたら、誰かに仕事を引き継いでもらい、お願いしなければいけません。

相手はこう思っている

  • どうして私がやらないといけないの?
  • 日程を変更したら良いのに
  • 忙しい時期に休まないでほしい

支えるどころか、塩対応されるかも・・・。

もう絶対言わない!黙っておきましょう。「転職しなきゃいいのに」と足を引っ張る人が出てくるかも。みんな自分のことで手一杯なのです。

退職時にいずれ報告しなければいけませんので、決まってから伝えれば良いのです。

簡単に人を信用するな

仲の良い同僚は常に自分の味方でいてくれると思い込んではいけません。裏切って当たり前までは言いませんが、人には感情があります。

  • あなたと比較している
  • 違う世界に行ってほしくない
  • 変化してほしくない

あなたと一緒に居心地の良い場所にずっと居続けたいのです。恋人かよって感じですが、それくらい変化を好まない人もいます。

迷惑すぎますよね。なので、ペラペラ自分のことを話すのはやめましょう。後にトラブルになってもそれは自己責任ですよ。

スポンサーリンク

転職活動がバレても継続しよう


誰にも言ってないのにバレることもあるでしょう。なぜバレてしまったのか?理由は下記の通り

  • 休む回数が増えた
  • 服装がいつもと違う
  • 会話内容を聞かれた

解説していきます。

休む回数が増えた

立て続けに有休をとったりすると、「何かあったのかな?」と思われます。

  • 何もしていないとき:月1回休む
  • 転職活動:有休3回、または時間休で早退など

有休をとることに問題はありません。ただ、頻度が増えてしまうと回りは無意識にあなたを注目してしまうかも。まぁ、それはそれでほっときましょう。笑

服装がいつもと違う

私服通勤されていたら、わかりやすいと思います。

  • スーツを着ている
  • 身だしなみが整っている
  • 手帳やバッグがシンプル

外見が変わっていたら、気付きますよね。スーツを着ていたら、転職するのか?とすぐに察知できます。

スーツはコインロッカーに入れましょう。最寄り駅に保管し、トイレで着替えるなどして準備が必要です。

転職活動はカッチリとしてスーツでなくて良いですが、どうしても服装はシンプルになってしまうので、日頃からシンプルな服装でごまかす手もありますよ。

シンプルコーデの服装が気になる方は、下記記事をご参考下さい。

インナーとパンツ、またはシンプルなスカートを履いていればOK。あとはジャケットを羽織れば、転職コーデに変身できます。

会話内容を聞かれた

勤務時間中に、電話がかかってくる可能性は大いにあります。

人気のない場所に移動しても、オフィス内なら誰かに聞かれてもおかしくありません。できるなら「18時以降なら可能」と社外で取れる時間帯を指定するのが良いでしょう。

対策してても、バレちゃったらもう開き直りましょう。どーせ辞めるのです。堂々と活動して内定をもらいに行きましょう。

スポンサーリンク

転職が決まったら話せばOK。ただし転職先は言うな


転職先が決まるまではシラを切り通し、決まってから伝えるようにしましょう。

そもそも誰がいつ辞めようが、転職しようが個人の自由です。どこの会社に勤めようが私たちは選択できます。

無理はしない。無理せず仕事するが幸せなのです。

在職中のメリットを忘れてはいけない

在職中に転職活動をするメリットは下記のとおり

  • 収入の心配がいらない
  • 希望求人がなければ、次の機会に回せる
  • 退職していないので、会社に留まれる

もし良い転職先がなければ、次の機会に持ち越し。それが在職中に転職活動するメリットなのです。

もし公言していたら、次の機会まで転職活動をお休みすることも難しくなります。「まだ転職しないの?」「決まらないの?」と心無い一言があるかも。「ほっといてくれ」と思いたくなりますよ。

在職中に活動するのは、保険みたいなもの。その保険は大事にとっておきましょう。

転職先は絶対誰にも言わないこと

転職先は無理に伝える必要はありません。

もう辞めるんですから、いちいちこの先「00の会社に行きます」なんて言う必要なし。「そんな所に転職して大丈夫なの?」と余計なことを言われて、イラっとするのはあなたです。

注目されるような辞め方はせず、ひっそりと辞めていく方がラクですよ。

1番良い辞め方は、後を濁さず良いモチベーションまま転職すること。辞める会社に未練なし。誰にも言わずひっそりと活動しましょう。

関連記事