Written by moguko

【未経験だけど銀行で働きたい】派遣から銀行員なら可能。正社員より派遣から転職しよう。

銀行_派遣

こんにちは、mogukoです。

元銀行員です。新卒から銀行員として4年働きました。

基本的に新卒の方が入行できる確率は高いです。中途採用も募集はしていますが、なかなか多く採用していないのが現状。そう考えると銀行はやや狭き門だなと感じます。

  • それでも銀行員になりたい方
  • 中途からでも銀行に転職したい
  • 銀行で働きたい

熱意があればなんとかなるのでは?と考えると思います。

今回は「未経験だけど銀行に転職したい」方を対象に、どうしたら銀行員になれるか、どのくらいスキルが必要かを解説します。是非、ご参考下さい。

本記事の内容

  • 未経験だけど銀行に転職したい。正直絶望です。
  • 金融業界に求められるスキルとは?
  • それでも銀行で働きたい方、転職できます!

スポンサーリンク

未経験だけど銀行に転職したい。正直絶望です。


金融業界は未だに新卒文化が根強い傾向。新卒で人材を多くとり、後は狭き門としてあまり採用しません。

転職サイトで未経験者歓迎と募集している会社ってある意味親切だなと思いました。スキルや経歴ももちろん考慮していると思いますが、即戦力ではなく、新しい人材を求めているのです。そこは銀行よりも懐が広いなと感じました。

勤めていた銀行も採用したのはたったの2名

新卒者は毎年とっていましたが、中途採用は不定期でした。

  • 応募希望者が少なかった
  • 求めている人材ではないので、不採用にされた
  • 職員よりも派遣応募を優先した

見方は色々ありますが、新卒で入るよりもかなり難しいのが現状。新卒者と同じようにたくさん人を採用することはほぼありません。

中途採用は経験者優遇

中途採用は即戦力を求めます。銀行だったら下記の通り

  • 社会人マナーはOK(新卒者みたいに教えなくて良い)
  • 銀行業務経験者ならOK(基礎を知っているのですぐに戦力になる)
  • 営業経験者OK(コミュニケーション能力がある。1から教えなくて良い)

新卒との違いは、1から教えなくて良いことです。
他業界や他銀行で培ったスキルを活かし、すぐに戦力として仕事ができます。

銀行経験者なら預金・融資・為替、お金を扱い方がわかっています。営業なら売る商品が違うだけでスタイルは大体一緒。未経験でもスタイルが一緒なら銀行に転職することは可能です。

じゃあ未経験で銀行に勤めるのはもうムリじゃん。絶望だし、諦めるしかないのか・・・?

いえいえまだ早いです。まずは、銀行も含め金融業界で求められるスキルは何か見ていきましょう。

スポンサーリンク

金融業界に求められるスキルとは?


ざっくり言うと、下記の通りです。

  • 几帳面
  • 責任感
  • 数字に強い
  • 探求心がある
  • 勉強することが苦ではない

仕事しながら勉強するのは必須です。毎日勉強しろとは言いませんが、学ぶ姿勢は大切ですね。

詳細は【銀行員には向き不向きあり】向いている人の特徴5つと適正チェック。向いてなかったら他の仕事を探しましょう。をご覧ください。

気の抜けない緊張状態が銀行の姿勢

最初は疲れるかも知れませんが、慣れたら普通になってきます。

ではどんな場面で緊張状態になるのか?

  • お客さんが書かれた振込用紙の金額とお金があっているか
  • お客さんに渡す書類・銀行が受け取る書類は間違っていないか
  • 融資金額をお客さんの通帳に振り込むとき、金額が間違っていないか

そんなことで緊張?と感じるかもですが、これには理由があります。

修正、取り消しが非常にデリケート

振込金額の入力を間違えた、書類に不備があった、忘れてしまったなど、銀行はミスに非常に敏感です。

書類の渡しそびれは郵送で処理できるので大したことはありませんが、入力間違いに関してはかなりデリケート。これだけで時間が食われるので非常にめんどくさいのです。

  • 取り消し処理に時間がかかる
  • 間違えた書類、通帳などは書損扱いとして保管する
  • 他の仕事が滞ってしまうので大変

銀行が使っている事務処理のパソコンは銀行業務専門の特殊なパソコンです。マニュアル見ながらやるとしても、辞書並みの分厚さ。それを網羅している行員はおそらくそんなにいません。

だから時間がかかるのです。滅多にないイレギュラー処理なので、なるべくミスをしないようにみんな気を付けている感じです。

・・とは言え、ミスは仕方ない

絶対ミスるなと言われても、これは不可能。人間はロボットではないので、誰でもミスはつきものです。

ただ心構えとして、簡単にミスしないでほしいと言う空気が流れているのが銀行です。やってしまったものは仕方ない。なので、次から気を付けて仕事を進めてくれれば問題なし。それでOKです。

銀行と他業界の違いは、軽い受け止めるか、重く受け止めるかの違い。ミスの重さを理解することだと思います。

スポンサーリンク

それでも銀行で働きたい方、転職できます!


新卒の枠外から簡単に転職は絶望と書きましたが、実は100%不可能ではありません。

狭き門で有名な銀行ですが、未経験でも入れる方法があります。それは、派遣です。派遣なら簡単に銀行へ転職できます。
>>【派遣でも銀行員として働ける】金融業界に特化したおすすめ派遣サイト3選

こんな感じ。未経験歓迎の求人を中心に探すと意外にたくさん出てきます。

銀行で働く派遣の仕事とは?

2つのパターンに分けられます。

  • 銀行業務の仕事
  • 銀行業務外の仕事

おそらく派遣の仕事は銀行業務外の仕事が多いでしょう。職員が重要な仕事をこなし、派遣さんはその補助的仕事で回していく構図です。

銀行にも派遣さんやパートさんはたくさんいます。特に大手はかなり多め。実は大手銀行の窓口はほぼ派遣さんかパートさんです。ただここは経験者優遇ですので、未経験は他の仕事で銀行で入ることになります。

職員は狭き門。しかし派遣は入りやすい

仕事内容にもよりますが、派遣の方が断然入りやすいです。

もちろん職員ではないので不安定な立場ですが、環境は最高です。

  • 時給はまぁまぁ高め
  • 雇用時間は基本的に9時〜17時
  • 残業はほぼなし

コレ言ったら怒られるかもですが、零細企業で9時~18時、給料少なめの会社と比べれば、断然銀行に勤めた方がかなりマシだと思います。

見栄も若干ありますが、労働時間も長く給料が少ない会社って本当に辞めた方がいいです。1日の3分の1を労働で占めています。少しでも働く時間をカットするなら、労働時間が少なく、時給の高い所で働いた方が良くないでしょうか。

雇用の枠を絞らなければ、銀行で働くことは可能です。銀行で働きたかったけど諦めていた方、銀行員になれるチャンスですよ!

関連記事