Written by moguko

【派遣でも銀行員として働ける】金融業界に特化したおすすめ派遣サイト3選

銀行 銀行_派遣

こんにちは、mogukoです。

  • 一度銀行で働いてみたい
  • 資格なし、未経験だけど可能か?
  • そんなに責任の重い仕事はしたくない
  • シフト制ではなく、固定された働き方がしたい
  • できれば残業はしたくない

銀行でこんな働き方ができるのか?可能です。職員でなくても銀行で働いていたら、銀行員です。だって銀行の仕事をしているんですから!

職員と派遣の仕事に違いはありますが、やっていることは一緒です。銀行に憧れをもっている方、派遣なら銀行員になれますよ。

本記事の内容

  • 派遣から銀行員になる方法3つ
  • 銀行求人が多いおすすめ派遣サイト3選
  • 登録だけでもOK。すぐに働かなくても良い

スポンサーリンク

派遣から銀行員になる方法3つ


下記の通りです。

  • 派遣サイトに登録
  • 担当者と面談(ヒアリングを受ける)
  • 派遣先の銀行へ行き、面談

解説していきます。

派遣サイトに登録

まず銀行へ就職するには派遣サイトに登録しないといけません。

  • 派遣会社へ行く
  • web登録

上記の通り2パターンあり。来社したらクオカードなどプレゼントしてくれる会社もあります。

派遣会社で何を登録するのか?

  • プロフィール
  • スキルチェック
  • 面談:希望条件を伝える
  • お仕事が決まり次第、就職

プロフィールあたりは自宅からでも登録は可能。会社によって異なりますが、来社して正式登録もあれば、web登録で完了もあります。来社する方でしたら、事前にプロフィール登録をwebで済ますなど、下準備を先にやっておけばスムーズに進むことができるでしょう。

担当者と面談(ヒアリングを受ける)

入力項目や登録が完了したら、次は担当者と面談です。

担当者と話す内容

  • 希望職種・条件や要望の確認
  • お仕事のマッチング
  • キャリアプラン
  • 就職先の日程調整

これまでの経歴を確認しながら、どんな仕事をしたいのか、これからのキャリアプランなどを話し合います。

1対1の面談ですが、会社の就職面接のように緊張することはありません。フランクな感じの面談であり、親身になって相談にのってくれます。「銀行で働きたい。未経験OKな求人があれば紹介してほしい」と伝えましょう。

派遣先の銀行へ行き、面談

仕事が決まれば、即出勤ってことはありません。まずは担当者と一緒に派遣先の銀行へ向かいます。

そして、ここでもう一度面談です。次は、派遣先銀行の担当者と3者面談になります。

何を話すのか?

  • 簡単な自己PR
  • 仕事内容の詳細
  • 質疑応答

簡単な顔合わせです。
面談を終えた後、後日、派遣担当者から合否の連絡がきます。OKだった場合、銀行に就職決定です。

ここで落とされることはほぼないと思います。しかし、思っていた人材と違ったとお断りされる可能性もあります。色んな会社がありますからね・・・。そんな時は大したことない銀行だと思い、また違う銀行を紹介してもらいましょう。

こちらは、事前にヒアリングやマッチングを時間かけてやっています。派遣の担当者は、あなたを良い人材と自信もって紹介しているはずです。色んな求人を見て、どんどん応募していきましょう。行動で結果が見えてきます。

スポンサーリンク

銀行求人が多いおすすめ派遣サイト3選


おすすめ派遣サイト3選は下記の通りです。

  • リクナビ派遣:リクルートが運営している派遣会社であり信頼度No.1。広告媒体として出しているので、日本最大級の求人数。日本全国の銀行案件を閲覧できる。未経験でも可能な案件があれば、即エントリーすべし。ただし、競争率も高いので注意。
  • テンプスタッフ:女性が働きやすい派遣会社として有名。資格取得支援・キャリアアップにも力を入れている。未経験者案件が50%を占めており、一般事務系が多め。パソコンスキルに自信がない人は、テンプスタッフ専用の「無料e-ラーニング」で学習しておくと、お仕事を紹介してもらえる確率が高くなる。
  • スタッフサービス:関東以外の求人を多く扱っている。派遣から正社員になりたい案件もあり、正社員を目指したい方はオススメ。事務系の案件が多く、こちらも金融業界の求人は多め。実際、私が勤めていた銀行にも、ここから配属された派遣さんが多く在籍。

ここらへんは登録しといて問題なし。スキルアップ研修や福利厚生もきちんとしており、何かあったときは助けてくれます。

ここだけの話:こんな派遣会社は良い会社

上記の派遣サイトを紹介しましたが、これはあくまで安全ラインの会社。従業員も多く、求人数やフォロー、決まりごとがきっちりしている会社です。

それ以外の派遣会社で、ある所が優れている会社はとても良い派遣会社です。それは担当者です。派遣先を紹介してくれる担当者の腕が良いか悪いかで紹介先が左右される所もあります。

担当者の役割

  • 会社と直接交渉できる権利をもっている
  • 何かあったとき聞くだけでなく、フォローもしてくれる
  • 電話やSNSの連絡だけでなく、直接会社に来て面談してくれる

自分が紹介した派遣先で、ちゃんと働けているか、何か問題を抱えていないときちんとアフターフォローしてくれる担当者はとても頼りがいがあり、信頼できます。

派遣先は知り合いもおらず、たった一人。。何か問題があった場合、ほったらかしではなく解決しようと動いてくれる担当者がいるかどうか。ここはとても重要な部分です。

ではそんな担当者はどこにいるのか?

  • 小さな派遣会社
  • 社長自ら担当
  • 2〜3年目の若手ではない

結論、若手ではなくベテラン担当者なら融通など、何かあったとき頼りがいがある感じです。小さな派遣会社だと社長自ら担当していることがあります。

派遣会社の社長が担当となると、派遣先にモノを言えるポジションを既に獲得しています。派遣先に良い顔してペコペコしている担当者は、いざと言うときアテになりませんよ。

なので個人的意見になりますが、担当者は若手以外の人、派遣先にモノを言える立場の人が良いと思います。

スポンサーリンク

登録だけでもOK。すぐに働かなくても良い


派遣登録したら、すぐに就職てことではありません。

  • いつから就業可能か?
  • 今の仕事はいつ辞めれそうか
  • 希望の仕事に待ちはないかどうか

こちらの都合で日程調整してくれます。

現在就業中でも問題なし。あくまで登録なので、すぐに雇用てことはありません。希望の仕事がすぐに見つかれば早い者勝ちですが、もしなければその求人が入ってくるまで他の仕事をしていても大丈夫です。

ただ良い求人はすぐに埋まってしまうので、ここはタイミングと運になってしまいます。ずっと待ち続けるのは良くないので、色んな派遣会社に登録し、希望にあった求人が見つかるように準備しておきましょう。

流れとしてはこんな感じです。

  • 就業中の間に派遣登録を行う。(または退職してから登録)
  • プロフィール、スキルチェック、必要事項を入力
  • 雇用手続きなどのビデオ研修
  • 担当者とヒアリング・相談
  • 希望求人にエントリー・上手くいけば登録当日から紹介してくれる

大体1〜2時間くらいかかります。予定はきっちり空けておきましょう。

持ち物

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 銀行のキャッシュカード・または通帳
  • 印鑑
  • 身分証明書(免許証・保険証など)
  • メモ帳
  • 筆記用具
  • お茶(出してくれる所もある)

履歴書や職務経歴書は派遣会社によって異なりますが、準備しといた方が良し。先にまとめておいた方がスムーズに登録できます。

派遣の仕事は登録者のみに紹介されるシステムです。今すぐ就業できなくても事前に登録を済ませておいた方が便利。良い求人を見つけるには、複数の派遣会社に登録した方が、良い求人に当たる確率が高くなります。

登録して良い求人を待ち、希望の求人を見つけたら即エントリーしましょう。

おすすめ派遣サイト3選


おすすめ派遣サイト3選は下記の通りです。

  • リクナビ派遣:リクルートが運営している派遣会社であり信頼度No.1。広告媒体として出しているので、日本最大級の求人数。日本全国の銀行案件を閲覧できる。未経験でも可能な案件があれば、即エントリーすべし。ただし、競争率も高いので注意。
  • テンプスタッフ:女性が働きやすい派遣会社として有名。資格取得支援・キャリアアップにも力を入れている。未経験者案件が50%を占めており、一般事務系が多め。パソコンスキルに自信がない人は、テンプスタッフ専用の「無料e-ラーニング」で学習しておくと、お仕事を紹介してもらえる確率が高くなる。
  • スタッフサービス:関東以外の求人を多く扱っている。派遣から正社員になりたい案件もあり、正社員を目指したい方はオススメ。事務系の案件が多く、こちらも金融業界の求人は多め。実際、私が勤めていた銀行にも、ここから配属された派遣さんが多く在籍。

関連記事