【肌にも貯金を】美肌貯金がなかったら必ず後悔する(積み上げが大事)

美容・健康

こんにちは、mogukoです。

女は顔が命と言われます。20代の頃から、生理前のニキビや肌荒れに悩まされながらも、スキンケアを怠らずに美肌貯金を貯めていきました。

貯めた結果、肌年齢が実年齢よりも若くなりました。
>>【SK-II (SK2 / エスケーツー)の肌診断の過去記録を公開】私の肌年齢は26歳を維持しています。(−9歳!)

私は、20代の頃からSK-II (SK2 / エスケーツー)=高額化粧品を使ってきました。正直お財布に優しくありません。
しかし、将来のことを考えたら、化粧品に投資するしないかで大きな差が出てくると思います。

本記事の内容

  • 美肌貯金するまでにやっておくべきこと
  • 美肌貯金ができるおすすめアイテム
  • 肌は急にキレイならない。後悔先に立たず

美肌貯金するまでにやっておくべきこと


まず、美肌貯金する為に最低限やっておくべき項目は下記の通りです。

  • メイクオフ
  • 紫外線対策
  • 乾燥対策
  • 食事管理

メイクオフ

メイクしたまま寝るのは言語道断です。メイクしたまま寝ると次の日、顔が乾燥してカピカピになったりしませんか?
また、毛穴がメイクで覆いかぶさっている状態なので、空気を吸えない状態になっていると思います。(個人的イメージ)

服も、普段着用とお出かけ用があるように、肌もメイクを落としたら、普段着のようにゆっくりしたいはずです。メイクは女子力を高めてくれますが、肌に負担をかけているのは事実。
>>もうしないって決めたのに!メイクしたまま寝た時の危険性と対処法

メイクしたまま寝るのは絶対にやめましょう。

紫外線対策

紫外線が一番強い季節は夏だと思いますが、季節関係なく、紫外線が注がれています。
私も気を付けなければいけませんが、夏の時期は日傘をさして対策はしているものの、冬の季節は特に何もしていません。

紫外線を浴び続けるとこうなります。

  • シミ
  • シワ
  • たるみ

紫外線の怖いところは、対策をしなければ取返しのつかないことです。

若い頃に海や日焼けを繰り返した方が、20年たって全身シミだらけになったそうです。その方は夏の季節でも長袖がかかせず、半袖が着れないくらいひどいシミの跡があるとのこと。

こんなことを言ったら怒られそうですが、自業自得だと思います。

そこまでして日焼けをする意味が何なのか、遊びに夢中になりすぎるのもホドがあると思います。このように一時の遊び一つで取返しのつかないことになります。

クリニックに行けば、シミとりレーザーとかでシミを消せるかも知れませんが、1回行っただけではシミは消えません。何回か通って消えるものであり、一度消したとしてもシミはまた出てきます。レーザー治療も決して安くありません。

正直、ムダな費用。日焼けしなければよかったのでは突っ込みたくなります・・・。

乾燥対策

紫外線とかぶりますが、こちらも1年中対策すべき項目です。
乾燥は冬がメインですが、夏の季節もオフィスの中は冷房をつけるので乾燥しています。肌の乾燥が進むと、角質層のバリア機能が低下して、紫外線などの刺激を受けやすくなり、ニキビや肌が老化してシミやシワ、たるみの原因になります。

その為には、保湿が大切です。お肌にも、服を着せるようにケアをしていきましょう。

食事管理

私達の身体は食べたもので出来ています。
その食べたものをエネルギーに変えて、頭を使ったり、運動したりしています。エネルギーに変えるからと言って、何でも良い訳ではありません。

特に、バランスのとれていない食生活は要注意です。

肉中心の食生活や、ジャンクフードばかりの食生活、偏った食生活を送ると、肌に吹き出物がでたり、体調を悪くしてしまいます。

テニスのノバク・ジョコビッチ選手は、身体の不調原因が食生活にあると考え、グルテンフリーの食生活に変えた瞬間、テニスのパフォーマンスが大きく改善したことで有名です。詳しく知りたい方はコチラ→ジョコビッチの生まれ変わる食事

バランスの良い食生活を心掛け、内側からも綺麗にすることが、老けない肌にもつながります。

美肌貯金ができるおすすめアイテム

個人的になりますが、おすすめアイテムは下記の通りです。

  • SK-II (SK2 / エスケーツー)

序文で紹介した記事の通り、私はSK-II (SK2 / エスケーツー)をとても高く評価しています。なので、SK2推しの内容になってしまいますが、私は本当に効果があったと思っています。

SK-II (SK2 / エスケーツー)についての記事

SK-II (SK2 / エスケーツー) 拭き取り化粧水の効果は?ピテラが入っている贅沢化粧水です。
SK-II (sk2 / エスケーツー)の美容液ってどうなの?→肌の悩みに特化した効果あり

保湿に関しては、ニベアが良い

保湿に関しては、ニベア推しです。
特に冬の季節は、ニベアやユースキンがないと手足がガサガサになりますよね。ニベアは保湿クリームとして、顔にもつけれます。

ベタついた感じが好きではない方はちょっと遠慮するかもですが、冬の季節は、部屋を閉め切っていても、翌朝、顔がサラサラするくらい乾燥しています。

冬の季節は要注意です。

SK-II (SK2 / エスケーツー)の乳液をつけていましたが、保湿効果は感じられず、つけてもすぐに顔がサラっとしていました。保湿成分も入ってはいますが、冬の時期は、ちょっと物足りないかも知れません。

ベタ付きが好きではない人は、ニベアは若干抵抗があるかもですが、保湿力は最高に良いですよ。

クレンジングはDUO(デュオ)(よく落ちる)

スキンケアで一番大事なのは、美容液とクレンジングと言われています。

メイク落としはプチプラでも問題ないかと思ってましたが、DUO(デュオ)は本当によく落ちます。
例えばですが、ラメのついたアイシャドウって、クレンジングしても細かいラメがどうしても残ってしまいませんか?また、アイライナーも綺麗に目元をこすって落としたつもりなのに、結局残っていることとかあると思います。

メイクしたまま寝たり、メイクで落とせなかった部分をそのままにしていると、肌荒れをおこしてしまいます。

「肌キレイだね」と言われるためには、メイクを綺麗に落とし、化粧水や乳液で保湿することが、キレイな肌を保つことにつながります。

肌は急にキレイならない。後悔先に立たず


肌ケアは急に始めて、キレイになるものではありません。

皮膚が弱い方だったら、通院してお薬をもらって、治していきますよね? 1日で治りましたか? そんな人はいないと思います。

肌ケアも毎日の継続で、効果があらわれます。

  • 毎日、化粧水・美容液・乳液・クリームをつける
  • 週に3回、化粧水・乳液だけつける

上記のケースについて、どちらが美肌貯金が貯まるかわかりますよね。日々の積み重ねが、あなたの未来の肌の状態をあらわしています。

あなたはその肌で満足していますか?どこか不満があってたら、美肌貯金は足りていない、できていないかも知れません。

プチプラ商品は美肌貯金にはならないと思う

私はSK-II (SK2 / エスケーツー)を使っているので、プチプラは推奨しないポジションで話してしまうのですが、安い商品は美肌貯金は貯まらないと思います。

美白効果やシミ消しなど、プチプラでもしキレイになったら、高級化粧品なんか販売していません。すべて高級化粧品をそろえろとまでは言いませんが、せめて、美容液だけでも良いモノを使ったみたらいかがでしょうか?
>>SK-II (sk2 / エスケーツー)の美容液ってどうなの?→肌の悩みに特化した効果あり

洋服代やグルメにお金を使うなら、化粧品にお金を回した方が、圧倒的に人よりも若々しい美肌を手に入れることができると思います。外見の中でも、人はまず顔をよく見ます。

キレイな肌を維持していたら、相手からの良い印象を受けたり、自分に自信が持てます。そしたらモチベーションにつながりますよね。

まずは、診てもらおう

自分の肌は乾燥肌なのかオイリー肌なのか、肌によって使う化粧品はかわってきます。
なので、コスメカウンターに行って、自分の肌を診てもらいましょう。

私もSK-II (SK2 / エスケーツー)を使う前は、サンプルから始めました。それまではプチプラ商品を使っていましたが、SK-II (SK2 / エスケーツー)サンプルを使って劇的な変化がありました。

  • 吹き出物が減った
  • 化粧ノリが全然違った

上記の2点です。そこから私はSK-II (SK2 / エスケーツー)愛用者として現在も続けています。吹き出物が減ったのは大きいですね。

私は、SK-II (SK2 / エスケーツー)を使うことで肌の改善ができました。高級化粧品だから改善したと言いたい所ですが、もちろんプチプラ商品の中でも良い化粧品はあると思います。

ですが、美肌貯金ができるかどうかは「?」です。安い商品での効果はあまり見込めないのではないか・・・と考えます。

雑誌に載っているモデルさんとか、プチプラ化粧品を使っていると思いますか?絶対使っていないと思います。モデルさんは、スタイルが大事。全身ケアに怠りがありません。そんな人達が、化粧品にケチをつけているとは思えないのです。(あくまで想像ですが・・・)

最初にも書きましたが、私はSK-II (SK2 / エスケーツー)を使って、肌年齢が実年齢よりも若くなりました。

美肌貯金はどれくらい貯めたら良いとかありません。とにかく早く始めることです。

時間をかけて、どんどん貯金をしていきましょう。5年後、10年後、あなたの肌は過去よりもキレイですか?