【しがみつくことを決断】銀行員を辞めたいのに辞められない理由とは?ゆとりを持って生きて行こう。

銀行 銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

基本的に銀行は離職率が高いです。
理由は様々ありますが、仕事の激務・パワハラ・ノルマなどがあげられます。

しかし、中にはそれをわかった上でしがみつく人もいます。メンタルが強いのもありますし、その仕事が好きな人もいるでしょう。その中で共通していることが1つあります。

自分にはこの道しかないと、確固たる決断があるみたいです。

本記事の内容

  • 銀行員として絶対辞めない。しがみつく理由3つ
  • 銀行員は転職しても需要は非常に高い
  • しがみつくより、ゆとりを持った働き方をみつけよう

銀行員として絶対辞めない。しがみつく理由3つ


しがみつく理由は、下記の3つです。

  • 安定だから
  • 高収入・福利厚生は完璧
  • 見栄とプライド

解説していきます。

安定だから

銀行員というと「高給取り」「エリート」というイメージがまだ根強いです。そして銀行は大丈夫だと思っている人達がいることも事実です。

銀行には同支店に異動だけでなく、他企業に異動するケースもあります。これを出向と言います。他企業に異動なんてどういうことだ?と私は感じましたが、金融業界ではよくある話だそうです。

そんな他企業とのつながりがあるからこそ、簡単に潰れないだろうと言う安心感もあります。

飲食店のように簡単に潰れることはありませんが、神話のように考えるのはいけません。

高収入・福利厚生は完璧

銀行は基本的に福利厚生・待遇は良い方だと思います。

  • 週休土日制
  • 長期のリフレッシュ休暇
  • 育児休暇・産休制度あり

ボーナスも、最低3ヶ月分は必ず出ます。
私も銀行に勤めていた頃、リーマンショックの時期だったのにもかかわらず、給料3ヶ月分のボーナスは頂けました。しかし他企業はこれが当たり前ではありません。

実際、転職先のボーナスは寸志程度の金額でした。たったこんだけ・・・と痛感しました。

正社員なのにボーナスがない会社とか普通にあります。

それを考えると銀行は本当に手厚いです。また、年功序列制であり、出世しなくても年数を重ねていけば、給料も上がっていきます。これが銀行なのです。

見栄とプライド

銀行に勤めていると言えば、第三者からこんな風に見られます。

  • エリート
  • 頭が良い
  • 給料良さそう

給料面は確かに当たっています。また、本物のエリートがいることも事実です。聞こえは確かに良いですね。

友人などから「銀行で働いているなんてすごいね」って言われるとなんか嬉しい気持ちになりました。

それが見栄です。プライドです。この気持ちは少しわかるような気がします。

銀行はお金を管理するところであり、融資と言う形で貸してくれることもあります。そのお金を使って、お店を始めたり、事業をする人は必ず銀行にお世話にならなければいけません。

その時にこう思うのだそうです。「銀行には頭が上がらない・・・」←これは知り合いが言っていた言葉です。

銀行の栄光にしがみつく

銀行の仕事が好きならそのまま続けても構いません。
収入も良し、福利厚生も良し、年功序列制で毎年少しずつ給料は上がっていきます。そのまま勤めていたら、お金と待遇の面は心配要りません。

  • 成果報酬型の仕事が好きな人
  • メンタルの強い人
  • 仕事でビシバシ鍛えながら働きたい人

こんな人は銀行に長く勤めていけるかも知れません。むしろ、こんな人が生き残っていけると思います。

しかし、メンタル崩壊状態でしがみつくのは異常である

「転職したら給料が下がった。そんな事になるなら銀行に残った方が良い」と思うのは間違いではありません。お金も大事ですので。

しかし、メンタルはどんな状態でしょうか?お金の為に銀行に残って働くメンタルはまだあるのでしょうか?

  • 疲弊している
  • 鬱の一歩手前
  • 毎日泣いている

こんな状態は非常に危険です。

お金の為に働くのと、自分の体調を優先にして働くのとどちらが大事でしょうか?お金はまた働けば稼げます。しかし、社会復帰できないほど体調を壊してしまったら、働くことができません。

銀行員は転職しても需要は非常に高い

銀行出身者は、事務処理能力が高いと評価されています。

証券や生保業界に行けば、元銀行出身者も多く、固いルールの元で再度働けるのでギャップを感じないまま仕事をこなせると思います。

銀行出身者が多いのは、自分が経験した仕事をそのまま引継ぎたい気持ちがあるからです。厳しい世界で経験を積み、それをムダにしたくないのもあるでしょう。

他業界の職種でも転職は可能

私は、他業界の事務職に転職しました。

固い決まりの元で細かく書類チェックをする姿勢は、事務職でも大きく役に立ちます。証券や生保業界の選択もありましたが、私は厳しい世界で仕事をするのがもう嫌だったので、他業界の事務職を選びました。

銀行で染み付いた事務処理能力は、どこでも通用します。むしろ、転職先にとってはミス防止策になるくらいの良い影響が与えられると思います。

銀行にしがみつく必要はない

銀行で働いていたら、銀行しか自分を雇ってくれないと思うのは間違いです。

今の時代は、転職が当たり前です。もし、あなたの能力が銀行に活かせてなかったら、そこにしがみつく必要はありません。たとえ、年収が下がってもあなたの能力を活かせる仕事に就けたら、あなたの幸福度は間違いなく上がると思います。

幸福度というのは、下記の3つです。

  • 安心感
  • 気持ちの余裕
  • 毎日が楽しくなる

年収や福利厚生で満足していても、激務な仕事で追われて精神的に辛かったら、働いても楽しくないと思います。そんな場合は、転職の選択も考えてみましょう。
>>【銀行員からの転職】有利な業界や需要が高いおすすめ転職サイトを紹介【5選:保存版】

しがみつくより、ゆとりを持った働き方をみつけよう


お金も大事ですが、お金よりも大事なのは時間です。

毎日数字に追われ、細かい事務処理の仕事を終電近くまでこなす日々は、お金で解決できるくらい幸せでしょうか?

お金はたんまり稼げても、せわしない日常を過ごした時間はもう取り戻せません。

もう少しゆとりのある過ごし方に変えても良いんじゃないのかなと思います。

無理に忙しい会社で働く必要はない

仕事が好きなのであれば、毎日終電まで追われる仕事に就いても問題ありませんが、そうではない人もいると思います。

私も時間に追われるような仕事は好きではありません。落ち着いて処理できるような余裕のある仕事がしたいと事務職に転職しました。忙しい時期もありますが、銀行のように終業時間まで緊張感が続くような仕事ではないので助かっています。

仕事は好きでも、自分のペースに合った仕事をするのは一番精神的にラクです。

しがみついても100%良い未来はない

銀行を定年近くまで勤めれば、それなりの高収入と待遇は受けれるでしょう。間違いありません。

しかし、その銀行が定年まで存在していたらの話です。

もし途中で合併したり再編などしだら、異動や出向、最悪リストラされる可能性がありまず。また、新しい人間関係の構築もしなければいけません。

しがみつかず、ゆとりを持ちましょう。ゆとりを選択するのを恐れるのはお金でしょうか?ならば、生活水準を下げるとか、無駄なモノを買わないとか対策をすれば良いのです。

なぜ生活水準をそんなに高めてしまったのか、無駄なモノを買い続けたのかを考えてみるのも良いですね。全てはストレス発散の為にそうなってしまったのなら、銀行を辞めれば一気に解決します。

頑張って銀行にしがみついてるけど、下記のような状態の人はけっこう病んでいます。

  • 日曜日の夜にとてつもなく憂鬱になる人
  • 月曜日の朝が苦痛でたまらない人
  • お金を散々使って後で後悔する人
  • 毎日ため息が止まらない人
  • 自分を雇ってくれる会社なんかないと視野が狭くなっている人

生き方は人それぞれですが、なにかを得るには、なにかを捨てないといけません。しがみつく選択から、一度違う選択肢を考えてみる良い機会だと思います。

あなたに合った良い会社と未来が訪れますように・・・(^_^)

関連記事