Written by moguko

【しがみつくことを決断】銀行員を辞めたいのに辞められない理由3つ。ゆとりを持って働いても良いんですよ。

銀行 銀行_転職

こんにちは、mogukoです。

基本的に銀行は離職率が高いです。
理由は様々ありますが、仕事の激務・パワハラ・ノルマなどがあげられます。

しかし、中にはそれをわかった上でしがみつく人もいます。メンタルが強いのもありますし、その仕事が好きな人もいるでしょう。その中で共通していることが1つあります。

自分にはこの道しかないと、確固たる決断があるみたいです。

本記事の内容

  • 銀行員として絶対辞めない。しがみつく理由3つ
  • 銀行員は転職しても需要は非常に高い
  • しがみつくより、ゆとりを持った働き方をみつけよう

スポンサーリンク

銀行員として絶対辞めない。しがみつく理由3つ


しがみつく理由は、下記の3つです。

  • 安定だから
  • 高収入・福利厚生は完璧
  • 見栄とプライド

解説していきます。

安定だから

銀行員というと「高給取り」「エリート」というイメージがまだ根強いです。そして銀行は大丈夫だと思っている人達がいることも事実です。

銀行には同支店に異動だけでなく、他企業に異動するケースもあり、これを出向と言います。他企業に異動なんてどういうことだ?と私は感じましたが、金融業界ではよくある話です。

そんな他企業とのつながりがあるからこそ、簡単に潰れないだろうと言う安心感があります。

飲食店のように簡単に潰れることはありませんが、神話のように考えるのはいけません。

高収入・福利厚生は完璧

銀行は基本的に福利厚生・待遇は良いです。

  • 土日祝は休み
  • 長期のリフレッシュ休暇
  • 育児休暇・産休制度あり

ボーナスも、最低3ヶ月分は必ず出ます。
私も銀行に勤めていた頃、リーマンショックの時期だったのにもかかわらず、給料3ヶ月分のボーナスは頂けました。しかし他企業はこれが当たり前ではありません。

銀行を辞めて、小さな会社に転職したのですが、転職先のボーナスは寸志程度の金額でした。たったこんだけ・・・と痛感しました。

それを考えると銀行は本当に手厚く、高待遇です。また、年功序列制であり、出世しなくても年数を重ねていけば、給料も上がっていきます。これが銀行なのです。

見栄とプライド

銀行に勤めていると言えば、他社からこう見られます。

  • エリート
  • 頭が良い
  • 給料良さそう

給料面は確かに当たっています。また、本物のエリートがいることも事実。聞こえは確かに良いですね。

友人などから「銀行に勤めているなんてすごいね」って言われると、めちゃくちゃ嬉しい気持ちに・・・。人から羨ましいみたいな言葉を受けると、自分はすごいんだと自信がつきます。

結果、それが見栄になり、プライドに成り代わります。この気持ちはとてもわかるので、私も納得です。

勘違いしずぎもいけませんが、調子にのってしまうのはあるあるだと思います。

銀行の栄光にしがみつく

銀行の仕事が好きならそのまま続けても構いません。

収入も良し、福利厚生も良し、年功序列制で毎年少しずつ給料は上がっていきます。そのまま勤めていたら、お金と待遇面は心配不要です。

  • 成果報酬型の仕事が好きな人
  • メンタルの強い人
  • 仕事でビシバシ鍛えながら働きたい人

こんな人は銀行に長く勤めていけるかも知れません。むしろ、こんな人が生き残っていけると思います。

大変ながらも楽しく仕事ができていたら良いんですが、そうではない人は要注意ですよ。

メンタル崩壊状態でしがみつくのは異常である

好きで仕事をしておらず、今すぐ休んだ方が良いパターンです。

「銀行より良い給料が出るところがないから、銀行に留まる」確かにこの選択は間違いありません。しかし、あなたの精神状態は大丈夫でしょうか?

  • 疲弊している
  • 鬱の一歩手前
  • 毎日泣いている

こんな状態は非常に危険です。

お金の為に働くのと、自分の体調を優先にして働くのとどちらが大事ですか?お金はまた働けば稼げます。しかし、社会復帰できないほど体調を壊してしまったら、働くことができません。

自分には銀行で働くことしか選択肢がないと思っている方、視野が狭すぎます。全然そんなことはありませんよ。あなたに合った働き口は、探せばたくさんあります。

スポンサーリンク

銀行員は転職しても需要は非常に高い

銀行出身者は、事務処理能力が高いと評価されています。毎日、鍛えられていますからね。

証券や生保業界に行けば、元銀行出身者も多く、固いルールの元で再度働けるのでギャップを感じないまま仕事をこなせますよ。

厳しい世界で経験を積んでいるので、ちょっとしたことで落ち込むことはないでしょう。

他業界の職種でも転職は可能

私は、他業界の事務職に転職しました。

固い決まりの元で細かく書類チェックをする姿勢は、事務職でも大きく役に立ちます。証券や生保業界の選択もありましたが、私は厳しい世界で仕事をするのがもう嫌だったので、事務職を選びました。

銀行で染み付いた事務処理能力は、事務職でも発揮できます。転職先にとっては、ミス防止策になるくらいの良い影響を与えられますよ。

銀行の仕事は特殊ですが、転職先はたくさんあります。朝からピリピリした環境で頭をフル回転する仕事に疲れた方、しがみつきたいけど、もう銀行の仕事をしたくないと思っている方、お金よりも自分自身を優先しましょう。お金よりもあなたの人生の方が100倍大事ですよ。
>>【動かないと損】優良な求人情報を厳選:おすすめ転職サイト5選。行動した人だけドン底から這い上がれる。

スポンサーリンク

しがみつくより、ゆとりを持った働き方をみつけよう


お金よりも大事なのは時間です。

毎日数字に追われ、細かい事務処理の仕事を終電近くまでこなす日々は、お金で解決できるくらい幸せでしょうか?お金はたんまり稼げても、せわしない日常を過ごした時間はもう戻ってきません。

無理に忙しい会社で働く必要はない

仕事が好きなのであれば、毎日終電まで追われる仕事に就いても問題ありませんが、そうではない人もいると思います。

私も時間に追われるような仕事は好きではありません。落ち着いて処理できるような余裕のある仕事がしたいと事務職に転職しました。忙しい時期もありますが、銀行のように終業時間まで緊張感が続くような仕事ではないので助かっています。

仕事は好きでも、自分のペースに合った仕事をするのは一番精神的にラクですよ。

しがみついてもメリットばかりではない

銀行を定年近くまで勤めれば、それなりの高収入と待遇は受けれるでしょう。しかし、その銀行が定年まで存在していたらの話です。

もし途中で合併したり再編などしだら、異動や出向、最悪リストラされる可能性があります。また、新しい人間関係の構築もしなければいけません。

銀行に限らず会社は簡単に人を裏切りますよ。会社って働けば給料を頂けますが、守ってくれるかは別です。

銀行にしがみつきながら、こんな人たちはたくさんいます。

  • 日曜日の夜にとてつもなく憂鬱になる人
  • 月曜日の朝が苦痛でたまらない人
  • お金を散々使って後で後悔する人
  • 毎日ため息が止まらない人
  • 自分を雇ってくれる会社なんかないと視野が狭くなっている人

あなたには色んな選択肢があります。しかし、その選択を自ら放棄しているのはあなたです。しがみつくことに疲れたなら、銀行を辞めちゃいましょう。

あとは行動です。転職すれば、あなたは銀行にしがみつく呪縛から解放されます。決断は今です。今から行動しましょう。

関連記事