【バイト体験談】コールセンターの仕事はラクで難しくない。でも嫌な思いもします。。

work

こんにちは、mogukoです

  • コールセンターの仕事をしてみたいけど実際どうなの?
  • 未経験だけどできるかな?
  • トイレ行く時間ってあるの?
  • トラブル起こったらどうしているの?
  • ヘッドホンみたいなものをつけてやるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 【バイト体験談】コールセンターは1つのことに集中できるのでラク
  • 体験談としてコールセンターは長くできる仕事ではない
  • まとめ

【バイト体験談】コールセンターは1つのことに集中してたら良い


まず、コールセンターの仕事をしてみた感じたメリットとデメリットです。

メリット

  • パソコンが不得意でも可能
  • 横から他の仕事の邪魔がない
  • しゃべる仕事なので、昼ごはん食べてからの眠気がやってこない
  • 電話がかかってこない時は、特に何もしなくても良い

デメリット

  • 話すことが苦手な人はしんどい
  • 怒鳴るお客さんをなだめないといけない
  • 商品知識は一通り覚えないといけない
  • 一日中座りつばなし

基本的に、しゃべることが好きな人は間違いなく向いていると思います。あとは、自分のペースで仕事ができるのは大きなメリットですね。トイレに行きたかったら電話の受信を一時オフにして、離籍することが可能です。

ヘッドホンに関しては、マイクのついたヘッドホンをした装着して対応します。受話器をもたなくても可能。ノートパソコンで顧客情報を検索しながら、お客さんの用件を聞いていきます。

短期バイトもあり、時給も高め

当時、私が経験した短期のコールセンターの詳細はこんな感じでした。

仕事内容 コーヒーメーカーの受信(新規、継続の変更など)
時給 1,200円
服装 自由
業務時間 時間の融通可能
その他 年末限定の仕事
残業はほぽなし

短期バイトでの1,200円はかなり高めの求人でした。年末と言うこともあり、人手が欲しかった企業と短期間にサクッと稼げる、双方のメリットがマッチした求人でした。

東京だったらもっと高い時給のコールセンターがあると思います。

受信だけなら苦手意識があってもできる

受信とは、お客さんからかかってきた電話に出るだけです。
こちらから電話するような営業電話はありません。待ち構えていたら良いので、ドキドキするのは最初らへん。後は簡単にできるようになります。

電話をかける、かけないでは下記のような気持ちの違いが出てきます。

こちらからかける

  • 不在だった場合、再度かけなくてはいけない
  • 用件をわかりやすく伝えないといけない
  • 専門外の質問が飛んでくる可能性がある

かけない(受信)

  • かけてくる内容が明確
  • ほぼ同じ回答で済ませる
  • 待ち構えていたら良いので精神的にラク

コールセンターの中で発信がメインの仕事もありますが、発信は基本的にノルマのある仕事が多いです。受信は既に顧客メインとのやりとりなので、ノルマは特にないと思います。

ノルマあるないと時給も変わってきますが、精神的にラクなのは受信(こちらからかけない)メインの仕事です。

体験談としてコールセンターは長くできる仕事ではない


個人的に、コールセンターは長く勤めれる仕事じゃないと感じます。

長く勤めれない理由

  • 覚えなければいけない情報が多い
  • しゃべることが好きではないと勤めにくい
  • 怒鳴られたり暴言を吐かれたりする
  • ノルマや営業電話はプレッシャーがかかり、心が折れやすい
  • コミュ障で言葉につまってしまう人は厳しい

元々私はコミュ障なので、しゃべることはあまり好きではありませんでした。(年末限定なら良いかと思い、応募しただけのこと・・)

求人案内にいつもコールセンターの仕事って載っていますよね。時給も良いですし、未経験OK。座り仕事で、パソコンもそんなに得意でなくても可能です。

しかし、求人に多い掲載されているにはそれなりの訳があります。

  • 人員増員
  • 問い合わせ対応に疲弊する
  • 覚えることが多く、それによって対応も変わるので続かない
  • 辞める人が多い

私が応募した年末の求人は増員目的でした。年末最後の追い込みみたいな感じで、商品を売り上げる為にオペレーターを増員して待ち構えていた感じです。

私が感じたコールセンターの仕事

私が感じたコールセンターの率直な感想です。

  • 電話が喝る瞬間、ドキっとする
  • 待たせてはいけないと落ち着かない状態で対応してしまう
  • お客さんに不快を感じさせなかったかと後からウジウジしてしまう
  • 自分の対応のせいで、その後の対応に迷惑をかけないか心配になる
  • 完璧に対応しないといけないと自分にプレッシャーをかけてしまう
  • お客さんに怒られるとしばらく凹む

お客さんの気分は様々です。せっかちな人、イライラしている人、色んな気分から電話がかかってきます。それに疲弊して疲れることがありました。

なぜイライラしながら電話かけてくるんだと考えた結果、下記が理由ではないかと思います。

コールセンターに問い合わせる事自体、煩わしく思っているから

わからない事や問い合わせしなければいけない事が発生したら、お客さんにとっては面倒なことです。予想外の対応なのでさっさと済ませたいのが本音です。

しかし、コールセンターのほとんどはバイトや派遣なので、言葉悪いですが浅い知識しか持っていません。もし、そんな状態で対応に当たった場合、スムーズに処理できないのでお客さんはイラっとしてしまいます。

結果、コールセンターの人の入れ替えが早いのです。

疲弊してしまうが、やりがいもある

悪いこともありますが、良いこともあります。

  • 話すスキルがものすごく伸ぴる
  • 「ありがとう。助かった」と感謝の言葉を述べてくれるお客さんもいる
  • おしゃべりが好きなお客さんに当たったら、聞くだけで満足してくれる

やりがい以外にもバイトや派遣が多いので、社員の飲み会や職場の人間関係も悩むこともありません。ずっと、電話に張り付いて仕事をしているようなもんなので、1つのことに集中して仕事ができます。

話すスキルは本当に伸びます。(綺麗な言葉を使えるようになったり・・)コミュ障の私も毎日10〜20件くらいの問い合わせを受けていたら、口下手が嘘みたいにサラサラ言葉が出てきました。

口下手を直したい方は、荒治療ですがコールセンターの仕事をしたらかなり改善されると思います。

最後に、こんな人は向いていると思います。

  • 1つのことに集中して仕事したい
  • 話すことが好き
  • 会社の人間関係で悩みたくない
  • 座って仕事がしたい人
  • 1人で仕事をこなし解決できる

話すスキルと言葉遣い、1つ1つお客さんの問題解決を解消していくことはやりがいを感じやすいです。
時給も高めなので短期間で少し稼ぎたいと思ったら、コールセンターも悪くはないでしょう。(受信のみ)自然と正しい言葉遣いを覚えられるメリットもあります。

電話が苦手で着信鳴るだけでビクビクしたり、話すことの緊張感はいつもありましたが、おしゃべり好きなお客さんと話していたら、それだけで感謝されることもありました。逆に理不尽なお客さんの対応など、良いこと悪いことは確かにあります。。

しかし、私達は日本全国のお客さんとたくさん対応しないといけません。そんな時、変なお客さんにあたっても、また同じお客さんにあたる可能性はほぼありません。運が悪ったと思い、すぐに切り替えましょう。笑

ちょっと挑戦してみたいと思った方、あとは実践あるのみです。