Written by moguko

【SK-II(エスケーツー)の美容液成分を徹底分析】スキンパワーエッセンスは独自の3種類エキスと保湿多めが特徴

life-all SK-II (SK2 / エスケーツー)

こんにちは、mogukoです。

前回、化粧水の成分解析をしたので、今度は美容液について解析してみようと思います。

化粧水(フェイシャルトリートメントエッセンス)の成分解析をコチラ
>>【SK-II(エスケーツー)の化粧水成分を徹底分析】ピテラ90%配合のために、ピテラ守り隊が含まれています。

過去に3種類の美容液を使用しましたが、今回は現在も使用しているスキンパワーエッセンスについて、調べてみようと思います。

成分表を調べるのに、こちらの本を参考にしました。

本記事の内容

  • 【SK-II(エスケーツー)の美容液を徹底解析】スキンパワーエッセンスの魅力とは・・・?
  • 【あなたの肌が喜ぶ】美容液にお金をかける理由は美肌を維持するため

スポンサーリンク

【SK-II(エスケーツー)の美容液を徹底解析】スキンパワーエッセンスの魅力とは・・・?


【ハリとうるツヤ肌が欲しい!】SK2:スキンパワーエッセンスの効果は?エイジングケアに最適。口コミありの記事でも紹介しましたが、色んな成分が入っています。

コチラ

全部解説するのは厳しいので、似たような成分はカテゴリーに分けて解説していこうと思います。

化粧水と同じ成分

  • ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)
  • BG
  • ペンチレングリコール
  • 安息香酸Na
  • メチルパラベン

7種類のうち、6種類が一緒でした。

ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)=ピテラのこと。成分表では配合量の多い順に掲載するルールがあります。これに当てはめると、ピテラは2番目に多く配合されていることになります。

化粧水では1番でしたが、美容液でも2番目に配合されているので、良い効能があるのは間違いないですね。

独自に厳選した天然由来成分「インフィニットパワーテクノロジー」

  • カラーリリーエキス・・・潤いを与える保湿成分(オランダカイウ花/茎エキスも含まれる)
  • ドクダミエキス・・・スキンケア効果で知られる日本のハーブ
  • シャクヤクエキス・・・肌の内側から弾むようなハリをかなえる成分

この美容液の代表となる成分です。

乾燥や紫外線で弱った肌を立て直し、毛穴の目立ち、くすみやハリ低下から、プルプル弾むようなうるツヤ肌へと導きます。

保湿成分

  • グリセリン
  • ペンチレングリコール
  • キシリトール
  • peg/ppg/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン:水溶性保湿油
  • (C13,14)イソパラフィン

美容液なので、保湿成分は多く配合されています。

特にグリセリンは、うるおい成分の中では鉄板級の成分。それを多く取り入れているのは大きいですね。

エイジングケア・美白効果

  • ナイアシンアミド
  • パンテノール
  • パルミトイルペンタペプチド-4

ナイアシンアミドに関しては、肌荒れ、美白、シワに効く三冠王と言われています。

ただ即効性がないので、継続的な使用が必要です。

油性成分

  • ジメチコン

油分成分の中では、サラッとした使用感。(主に日焼け止めやファンデーションに多く含まれている)

高い撥水効果による保護効果の高さが特徴です。

防腐剤

  • フェノキシエタノール
  • ベンジルアルコール

メチルパラベンと同じような成分です。

近年ではパラベンフリーをアピールするために、上記の成分が使用されていますがパラベンよりも抗菌力は弱め。美容液では、メチルパラベンと併用で配合されています。

界面活性剤

  • ポリソルベート20
  • PEG-11メチルエーテルジメチコン
  • ラウレスー7
  • ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グリセリル
  • ステアリン酸PEG

界面活性剤と聞くと、あまり良くないようなイメージですが、種類や性質は色々あり、化粧品に関しては安全な成分が使われています。

4種類の界面活性剤

  • アニオン:陰イオン界面活性剤・・・石けん、シャンプー、衣類や食器用洗剤に使用
  • カチオン:陽イオン界面活性剤・・・殺菌作用があり、薬用石けんや消毒剤に使用
  • 両性:アンホ界面活性剤・・・洗浄助剤など赤ちゃん用アイテムによく使われる
  • 非イオン:ノニオン界面活性剤・・・主に化粧品向け。食品にも使用している

上から順に、洗浄系・殺菌剤、あとは優しめの界面活性剤って感じです。

一番多く使われている「ポリソルベート20」は、非イオンに分類し、水に溶けてもイオン化せず、安定な乳化状態を保てる特徴があります。

乳化剤は、乳液やクリームによく使われているので、そんなに悪いものではありません。

その他

  • ポリメチルシルセスキオキサン(感触改良成分)
  • PFG-32
  • ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
  • (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー(増粘剤)
  • ポリアクリルアミド(安定剤)
  • ジメチコノール(乳化剤)
  • AMP
  • EDTA-2Na
  • キサンタンガム:天然由来の増粘剤
  • メチルシラノールトリ(ヤシ脂肪酸peg-8グリセリル)
  • ポリクオタニウム-7

すいません。専門家ではないので、ここらへんはまとめて「その他」に分類いたしました。(本に載っていない成分が多かったため、ネット調べでも難しいすぎて答えが出ず・・・。。)

サックリですが、増粘剤(天然由来も含む)、安定剤、乳化剤系の成分がありました。ピテラやインフィニットパワーテクノロジー系を保つ、成分かな?と推測します。

スポンサーリンク

【あなたの肌が喜ぶ】美容液にお金をかける理由は美肌を維持するため


美容液は、配合されている成分によって効能が変わってきます。

  • シワ
  • ハリツヤ
  • 美白
  • ニキビなど

日焼けしたなら美白成分が多いものを、ツヤが欲しいならハリツヤのものを、あなたの肌に不足しているものを補うのが美容液の役割です。

まぁどのメーカーも美容液が一番高いですよね。良い成分を凝縮したものを出しているのもありますし、それを売りとしています。

化粧水は水が主流(SK-II(エスケーツー)はピテラが90%以上)、乳液・クリームは保湿がメイン。美容液は、肌悩みに特化したものなので、ぶっちゃけこれが主役です。

美容液もやはりピテラ効能が強い

スキンパワーエッセンスの特徴「インフィニットパワーテクノロジー」を使っていますが、成分表示を見ているとやはりピテラをメインとしています。

・・・てことは、化粧水でも十分保湿やハリツヤを与えてくれますが、美容液はさらに上乗せの効能アリ。これ以上ないくらいの成分を凝縮しているのです。そら高いですよ。笑

現在、50mlを使っていますが、価格:21,450円(税込)です。ポイントが倍増もらえる時でないと、絶対買いません。でも使い心地や肌状態はめちゃくちゃ良いですよ。

口コミなど詳細が気になる方は、【ハリとうるツヤ肌が欲しい!】SK2:スキンパワーエッセンスの効果は?エイジングケアに最適。口コミありをご参考ください。

主にエイジングケアの商品。ピテラと独自に厳選した天然由来成分「インフィニットパワーテクノロジー」の力を使って、うるおいのあるプルプル肌、肌年齢を若いまま維持していきましょう(๑ •̀ω•́)۶ファイト!!

関連記事