【ゆっくりしたい】退職後、有意義な休みを過ごすのはアリ。私は2回経験しました。

仕事

こんにちは、mogukoです。

転臓を2回経験し、すぐには就職しませんでした。
退職後、ゆっくりしたい気持ちはとてもわかります。でも、ブランクがあったら転職に不利なのでは?と思うかもですが、私は無事転職できました。

ずっと働きづめで身体が疲れている状態なら、まず回復が先です。ゆっくりしましょう。

本記事の内容

  • 退職後、ゆっくりしたい環境を整える
  • ゆっくりしたい気持ちと同時に、退職後の先を考える
  • 1年ゆっくりしても問題ない。人生なんとかなる

退職後、ゆっくりしたい環境を整える


急に会社を辞めても、安心できる環境を整えておきましょう。

  • 実家
  • 失業保険の手続きをする
  • お金は最低限しか使わない

実家

実家に帰れば、お金はかなり浮きます。
今更、帰るなんて恥ずかしくてできないとは言わず、実家に帰りましょう。毎月の家賃代、光熱費代等、決してバカになりません。お金の心配はこれで解決できます。

また親にお世話になるなんてと考える方は、家事の手伝いをしたらいかがでしょうか?winwinの関係になれば、実家に戻りやすいかと・・・思います。

失業保険の手続きをする

会社から離職票をもらったら、ハローワークに行って失業保険の手続きをしましょう。

実際にもらえるのは、手続きしてから約3ヶ月後ですが、無職の間、少しでも足しにはなります。すぐに転職しないのに、もらえるの?と思うかもですが、ある程度活動をしとけばもらえます。必ず手続きをしましょう。

お金は最低限しか使わない

当たり前ですが、毎月入っていた収入が途絶えるので、1円もムダ遣いはしない気持ちでいましょう。
実家にいても、ある程度貯金がなければ、転職活動もできなくなります。これをきっかけにムダ遣いを見直して、生活するのも今後の為だと思います。

100~150万くらいあれば安心かと・・・私は思います。50万だけ使って遊び、残りは転職活動も含め貯金しておきましょう。(失業保険も含めば、プラマイゼロになるかもです。)

ゆっくりしたい気持ちと同時に、退職後の先を考える


退職した後も、税金はもちろんかかってきます。

  • 住民税
  • 国民健康保険料
  • 国民年金

住民税は、会社に在籍していた年収分から計算してくるので、高額な金額が待っています。

免れることはできません。相談すれば、支払いを先延ばしくらいはできると思いますが、その際は、通帳のコピーを提出して下さい。と言われますので、大人しく支払いましょう。ここは逃げ場はありません。。

国民健康保険料は、現在無臓のことを証明できれば、安く料金を設定してくれますので、ハローワークに行く前に、離職票のコピーを持っていき手続きをしましょう。

国民年金については、免除制度があるので次の職場が決まるまで、ストップの手続きをしておきましょう。

転職は早いうち、若いうちが良いのは事実

正社員で探すのであれば、1コでも若いうちに転職活動をした方が良いでしょう。

会社によって29歳までの方、39歳までの方と年齢制限で区切っている会社もあります。これは時期戦カ・即戦力として考えている傾向もありますが、もし「この会社いいな」と思った求人が、年齢制限で区切っていたら、経歴も含めて若い人を採用する確率が高くなります。

それを考えたら、ゆっくり休む期間も限定的にして、転職活動をする方が望ましいと思います。

かと言って、良い職場であることはない

とは言いつつ・・・良い求人に当たっても、そこで長く勤めれるような会社かどうかは誰にもわかりません。

当時、私は27歳で転職活動をしていました。正社員の事務職で探していた為、転職サイトとハローワーク求人を併用しながら、必死に転職活動していました。そしてやっと内定を頂き、新たな転職先で働いていましたが、結局3年で辞めました。

転職活動で受けた会社は約40社。そのうち面接に進んだのは10社ほど。それなりに苦労して内定をもらったのに、3年で辞めたのかと言われそうですが、だからと言って、嫌な会社に我慢して勤める気力はありませんでした。

体調を崩す前に辞めた方が自分のためだと思い、辞めることにしました。

私は、30代になってから良い職場に出会えた

私は、周囲から利口だねと言われるような人間ではありません。

せっかく苦労して入社した会社を数年で辞めるような人間です。そんな私ですが、30代に入ってから今の職場に出会いました。

正社員にはこだわらず、視野を広げた結果、こうなったと思います。正社員じゃないとダメだと言う思い込みは自分で自分の首を絞めているようなもんです。正社員ばかりにこだわっていたら、良い職場に出会う確率もないことを私は知りました。

派遣で生きられないなんてことはありません。不安定だと嘆くのであれば、新しい収入先を作れば良い話です。メルカリや、ブログ、プログラミング等のスキルを身に付け、2つのお財布を作れば良いのです。

良い転職先にあたるのは、運とご縁だと思う

正直、もう会社勤めるのは嫌だと思っていましたが、派遣会社からの特別求人の勧めにより、今の会社に出会いました。

当時、私は2社目を辞めて、株の勉強をしていました。実際にトレードも行い、利益がでたり損したりと良い結果ではなかったですが、トレーダーになりたいと勉強しつつ、取引をしていました。

その話を聞いた派遣会社から大ウケされ、今の職場を紹介されました。株トレーダーの話はネタのつもりだったのですが、その経験が結びついて今に至ります。必死に活動しなくても、以外なところにご縁があります。

1年ゆっくりしても問題ない。人生なんとかなる


1年くらい働かなくても人生なんとかなります。

休みすぎると、だらけてしまう可能性もありますが、人間何もしない日常を送ると、何かしなければと行動するようになります。1日なんてあっという間に過ぎますからね。

そこから重い腰を上げて準備しても良いんじゃないかと思います。
転職活動は視野を広げれば、なんとかなります。ブランクがあっても大丈夫です。

大切なのは、傷ついたメンタルと身体を治すこと。回復してから行動しても遅くはないと思います。

イヤイヤ転職活動しても、内定はもらえない

焦っても結果はでません。また、モチベーションが低ければミスもしてしまいます。

  • 履歴書を忘れる
  • 面接時間を間違える
  • 質問に答えられない

原因は心が回復していないからです。まずは、自分の気持ち、メンタルを安定させましょう。

上記にも書きましたが、焦って内定をもらえたとしても、またすぐに辞めてしまうかも知れません。ならば、充分心を休めて、元気になるまで転職活動は控えましょう。

無職の間でも、やることはある

自由時間を有効に活用する項目

  • 次の転職先に向けて、情報収集
  • ジムに行って、カラダを鍛える
  • 副業を始める

1日24時間、何でも使えます。家でダラダラも良いですが、できれば運動をしましょう。
筋トレをしていると自然とメンタルが回復します。鍛えることに集中するので、モヤモヤの気持ちが晴れてスッキリするしますよ。

また、副業も始めてみて、あなたのやりたいこと、得意なことが見つかるかも知れません。細かい作業が好き、1人で動くのが好き、タイピングが好き等、以外な所であなたの得意=好きなことが見つかるかも知れません。

休むことは悪いことではない

私は、2回会社を辞めているので、トータル2年くらいニートでいました。(そのうち、短期アルバイトを数回しました。)
私のケースでは、正社員で良い会社に出会うことはなく、派遣でホワイト企業に出会うことができました。もし、正社員にこだわるのであれば、ブランクはあまりない方が良いと思います。

でも、派遣の方が気楽に生きていけるような気がします。
不安定が心配なのであれば、副業を始めまれば良いのです。派遣は副業をしても問題ありませんので。社会人になれば、基本的に人生死ぬまで労働です。長い人生、1〜2年くらいゆっくりしても特に問題はないと思います。

休みすぎもアレですが、充電期間を設ける気持ちで休み、またリスタートしていけば良いのです。

会社を退職して、有意義な休みを過ごして下さい。あなたの人生なのですから(*´꒳`*)