Written by moguko

【本当に遅い?】ピアノを6歳からスタートした私の感想【成長は無限大。やめたら意味ない】

piano

こんにちは、mogukoです。

  • 子供にピアノを習わせるならいつが良い?
  • 年少から?それとも小学生になってから?
  • 絶対音感つけさせるなら早い方が良い?
  • 上手くなるのか心配
  • 6歳からじゃもう遅い?

こんな疑問にお答えします。

私は6歳から習い始めましたが、全然早い方だと思います。

早ければ3歳から習わせる親御さんもいますが、早く習わせたからと言って上手くなるのはお子さん次第。お子さんがピアノを好きじゃなかったら、早く始めても意味ありませんよ。

ピアノは好きじゃなかったら、上達も不可。好きだったら、成長は無限大。6歳から始めても全然遅くありませんよ。

本記事の内容

  • 【遅くはない】6歳からピアノを始めた私はちゃんと上達しました
  • 【6歳からピアノを楽しむ】上手に弾けるコツ3つ
  • 【遅くはない】6歳からピアノを始めるメリット3つ

スポンサーリンク

【遅いって本当?】6歳からピアノを始めた私はちゃんと上達しました


6歳からピアノを始めるのは遅い??いいえ、全然問題ありません。

ピアニストを目指しているなら早い方が正解。(3歳から始めるとか・・・)かと言って、絶対にピアニストになれる訳ではありませんが、早いうちにピアノに触れた方が経験値は増やせます。

趣味として始めたなら6歳からスタートしても全く問題ありません。実際に4歳からピアノを始めた子は高学年あたりでやめちゃいました。早く始めても遅くても、結局本人が継続できるかが問題ではないでしょうか。

6歳からピアノに触れると、音楽は楽勝

経験談として言わせていただきます。音楽の授業は楽勝です。

  • 音符はもうわかっている
  • ト音記号が楽勝に書ける
  • ドレミを書かなくてもわかる

みんな卜音記号が書けなくて苦労していたのを覚えています。笑

ピアノ習っていたら、演奏以外のレッスンもあり。音符の理解、記号の書き方など、子供の頃からしっかり基礎を学びます。学校で教わる前に予習する感じ。授業は退屈でしたね。

音楽が苦手な子は「ドレミを書かないとわからない」とよく聞きましたが、私は書かなくても即座に理解。音楽はボーナスステージですよ。笑

余談

もう遅いんじゃないの?との声で、「00ちゃんに遅れてしまった」みたいな考えをもつ親御さんもいらっしゃいます。こんなくだらない理由で子供からピアノを習う機会を取り上げるのは、辞めてほしいですね。

スポンサーリンク

【6歳からピアノを楽しむ】上手に弾けるコツ3つ


上手に弾けるコツ3つは下記の通り

  • 好きなように弾かす
  • 聞き手に回る
  • 余計なことを聞かず、本人に任せる

基本的にあーだーこーだ言わず、好きなように弾かせ、本人に任せるスタイルが理想です。

いや、まだ6歳だからそれはちょっと・・・。と思うので、さりげないサポート役に回りましょう。余計な口出しはNGです。

  • 今日は練習しないの?
  • 先生とどんなお話してきたの?
  • すごい。両手で弾けるようになったのね

こんな感じ。うるさすぎず、放置しすぎず。「ピアノ聴かせて」と言うと、さらに喜びますよ。

逆に「練習しなさい」とうるさく言ってしまうと、ピアノから離れるか、言われないと練習しない子になってしまいます。あまり過保護になりすぎず、自分のペースで続けさせましょう。あと、たまには聴いてあげてください。

下手でも褒めること

上達が遅くても、お子さんは間違いなく成長しています。

  • 両手で弾けたら褒める
  • 最後まで弾けたら褒める
  • 30分練習できたら褒める

どんなに下手な演奏や、間違いまくった練習でも褒めてあげましょう。継続は力なり。練習すれば、必ず上手くなります。

けなす教育よりも褒める方が子供にとっては嬉しいはず。「これぐらい出来て当然」とハードルを高くすると、学ぶ側にとって楽しくなくなります。両手で弾ける、練習するは当たり前じゃない。お子さんの努力。なので、下手でも褒めてあげてください。

足りない部分があれば、先生の力を借りてレベルアップ。そっと背中を押す、余計なことを言わない、そして褒める。これでお子さんのピアノは上手くなります。

スポンサーリンク

【遅くはない】6歳からピアノを始めるメリット3つ


メリット3つは下記の通り

  • 努力することに慣れる
  • 人前で緊張しなくなる
  • 音楽の成績はほぼ満点

解説していきます。

努力することに慣れる

補助輪なしで自転車に乗れたり、急に逆上がりができる子はよくいます。しかし、ピアノは急に両手で弾けるような子はほぼいないでしょう。ショパンに曲を1発で弾けたら、ピアニスト確定です。

練習、積み重ね、継続は当たり前。コツコツやることに苦を感じなくなります。面倒なこと、時間がかかることに抵抗があったり、イライラすることがありません。将来落ち着いた子に育ちますよ。

大人になったら、みんなが面倒な仕事をサラッとこなす仕事が向いているかも知れません。私がそうなので。笑

人前で緊張しなくなる

ピアノ教室に通っていると毎年発表会があります。小さな舞台でも子供にとっては大舞台。早いうちに経験すると良いことがあります。

音楽の授業で伴奏を経験しても、こんな感じ↓

  • 人前で座っても緊張しない
  • 落ち着いて弾ける
  • 途中、暗譜を忘れても取り乱さない

冷静沈着に物事を把握し、オロオロしません。

子供のころから経験していれば、「緊張て何それ?」みたいな度胸っぷり。弾き始めたらあとは集中するだけなので、あまり気にならないんですよね。小さい頃からピアノをさわっていたら、こんな能力がつきますよ。

音楽の成績はほぽ満点

音楽はほぽ優等生確定。テストも実技もイージーです。成績も「5」とれますよ。

実際に私も音楽だけは優等生でした。通知表載せています。
>>ピアノを習ったら音楽の通知表は「5」確定な話→【成績表を公開】

音符もわかる、リズムもわかる、ドレミを書かなくても余裕。他の楽器でも応用できるので、リコーダーのテストも100点とれますよ。

普段ピアノをさわっていたら、実技テストは復習みたいな感じ。音楽だけテスト勉強はマジ不要です。いつも弾いていますし、音も知っています。ピアノは成績に良い影響を与えますよ。

子供の脳が発達する時期、絶対音感が身に付く年齢からとか言いますが、別にいつから始めても問題なし。将来のために色んな習い事をさせるのはけっこうですが、過度なプレッシャーを与えるのはよくありません。

身に付くかは別として早く始めさせたいなら、幼稚園~、小学生~からがベストでしょう。

私は小学生から始めましたが、人並み程度に上達し、厳しく楽しくピアノを学ぶことができました。習い事で一番長く続いたのもピアノ、それ以外は全然続かず・・・。インドア派の子は絶対に向いていますよ。笑

ピアノを学ばせようか迷っているお母さん、ピアノは学んで損なしです。私は親に感謝しています(=´ω`=)

関連記事