【もう銀行は嫌だ。転職したい】元銀行員は事務職に転職できた方法→行動しまくりました。

銀行

こんにちは、mogukoです。

元銀行員です。そこから事務職に転職しました。

  • 銀行:4年
  • 一般事務(総務・経理・その他):7〜8年

    ※派遣も含みます。

結論:銀行員から事務職に転職することは可能です。

銀行員は銀行しか転職先がないのではと考えるかも知れませんが、そんなことはありません。事務職でも歓迎です。理由は、元銀行員だからです。

本記事の内容

  • 銀行員が銀行をやめたくなる理由
  • 元銀行員は事務職に転職することは可能か?
  • 元銀行員が事務職に転職するための方法

銀行員が銀行をやめたくなる理由


辞めたくなる理由は下記の通りです。

  • ノルマがキツイ
  • 人間関係がキツイ
  • 勉強量がキツイ(土日休みなし)

解説していきます。

ノルマがキツイ

銀行は手数料主義です。

  • 振込手数料
  • 融資の手数料(利ざや)
  • 住宅ローンの手数料・投資信託や保険の販売などの手数料

銀行は上記の所しか利益がとれません。
自動車や家電みたいな物欲がわくような商品は扱っていません。投資やビジネスで必要なお金をメインに扱っています。

よく「年金はうちの銀行で」と聞きませんか?理由は預金残高を増やして、一部を融資に回す為の戦略です。お金を集めて、融資や資金運用に回し、利益を上げるためにやっています。

ノルマに関してですが、もちろん自身のお金をノルマ枠に入れろと言うことです。経験上、私も「100万定期預金しなさい」と言われ、1年定期したことがありました。

こんな事をしても、来年になればまた同じことの繰り返しです。ノルマに終わりはありません。

人間関係がキツイ

銀行は縦の関係がとてもキツイです。

  • 体育会系の行員が多め
  • 揚げ足取りの世界
  • 付き合い・飲み会が多い

体育会系の行員が多い理由は、営業の戦力増員と上下関係を理解していると言う見方もあります。こんな事言うと怒られますが、上の言うことを素直に聞き、その通りに行動する人=頭をあまり使わない戦力ばかりです。

そこから乗り越え、勝ち抜いた行員が将来出世します。中には頭の良い人もいると思いますが、最初は頭より上下関係を良く理解している体育会系ばかりです。

また、上司、先輩から誘われた飲み会などは基本断ってはいけません。断ったら次の日から冷たい対応だったり、わからないことがあっても教えてくれない的な扱いを受けてしまいます。奢ってはくれるのでそれは良いのですが、正直あまり行きたくないと私はずっと思っていました。

ついていけなかったら、辞めてくれたら良い。そんな厳しい世界なんかなと思います。

勉強量がキツイ(士日休みなし)

銀行で働いていると、銀行業務検定と言う試験があります。

  • 財務
  • 税務
  • 法務
  • 貸付業務
  • 証券業務
  • デリバテイプ取引
  • コンプライアンスなど

いわゆる資格みたいなものです。しかし、銀行以外、どこにも役には立ちません。

なぜ、勉強しなければいけないのか?

  • 出世の為
  • 個々の銀行に与えられたノルマ(3年目までに財務3級は合格することなど)
  • 周りとの比較

4〜5年目になると、ある程度資格をとっていないと「まだとっていなかったの?」とバカにされる可能性があります。なので、週休2日制はありますが、全て勉強時間にあててお休みが終わってしまう感じです。

メリットと言えば出世などに使えます。しかしそれが業務に役に立つかと言えば、決してそんなことはありません。あくまで周りとの比較.飾りみたいなものであり、銀行を離れたらあまり意味がありません。

他業界は分かりませんが、銀行で働いている限り、勉強はずっと続いていきます。

上記のように、人間関係やパワハラ・休み返上で試験勉強など、過酷なノルマに苦しんで身体を壊す人はたくさんいます。相当メンタルの強い人でないと、銀行の世界はやっていけません。

元銀行員は事務職に転職することは可能か?


はい。可能です。

また、銀行員は他業界からの評価は高めです。

  • 信頼されるマナースキルが身についている
  • 勉学に励む姿勢ができている
  • 丁寧な確認作業ができる
  • お金の扱いは信頼度抜群

お金や数字に強いイメージがあるのと同時に、小さな事まで確認するクセもついています。他業界に行けば、書類の小さな不備でも特に問題視していなかったことが、銀行にいたら当たり前のように確認していたことになります。

そんな姿勢が他業界から重宝されるケースもあります。

しかし、銀行事務と事務職は全く違う

1つ注意点があります。

銀行事務と一般の事務職の仕事内容は全く違います。

銀行事務

  • 窓口事務・・・お客さんと直接やり取りする業務
  • 後方事務・・・申請書類に不備や記入漏れなどがないかチェックをして、専用端末への入力する作業を行う。その他、入出金・振込の処理や電話の対応、書類の整理なども行う

事務職

  • 書類作成
  • ファイリング
  • データ入力
  • 伝票処理・整理
  • 備品管理・発注
  • 電話・メール応対
  • 来客応対

銀行事務は、単調作業を正確にこなすのが主な仕事だと思います。事務職も似ている所はありますが、事務職は細々とした仕事がたくさんあります。

銀行事務で経験したことを事務職の何に活かせるかと言えば、不備や記入漏れなど、普段誰もチェックしない所まで確認する能力が活かせるかと思います。

パソコンスキルはほどほどでも大丈夫だと思う

事務職はパソコンがメインなので、全くスキルがないと難しいのでは・・と感じるかも知れませんが、そんなことはないです。

現に私が、1回目の転職した時の事務スキルは下記の通りです。

  • Word: 適当な文書が書ける
  • Excel : 簡単な数式(SUM)と名簿を作れる程度(ifは使えない)
  • PowerPoint : 資料作成でできるくらい
  • access: 既にあるデータベースからクエリを作れる

銀行事務でも特殊なパソコンを使用して、タイピングくらいはしていたと思います。タイピングできていたら、後は慣れです。

転職する際は、必ず前任者の引継ぎがあると思います。WordやExcelをあまり使ってこなかったとしても、前任者がやっていた過去データなど必ず残っています。それをコピペして、やっていけば良いことです。正直、そんなにビビらなくても大丈夫です。(私もそうでした。)

銀行員はイメージだけで一歩リードしている

最終的には中身や経歴を見ると思いますが、元銀行員と言うだけで書類選考はサクッと通りやすいです。

業種にもよりますが、やはり銀行員と聞くと、お金の扱い方には敏感。きっちり丁寧に仕事をこなすイメージがとても強く感じるそうです。企業側は、どのような仕事をしてきたのか職歴も気にはしていますが、イメージだけで面接に進ませてくれる所も多いと思います。

どこの企業もいい加減な仕事しか出来ない人間は求めていません。
銀行と言うお金の扱いに厳しい世界で働いてきたからこそ、仕事の姿勢が誰よりもきっちりしている人材を欲しがる企業が多いことも事実です。

元銀行員が事務職に転職するための方法


準備は下記の5点です。

  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントに登録する
  • 履歴書・職務経歴書を準備する
  • 面接対策をする
  • 身だしなみを整える
  • スーツを準備する

まずは登録しましょう。(5分くらいで終わります。)
>>事務職求人が多いおすすめ転職サイト・転職エージェント3選【女性限定サイトも紹介】

希望している求人があるのかも気になりますし、事務職に転職する為にどのようなやり方で取り組めば良いのか、エージェントと相談して決めなければいけません。

どのタイミングで登録すれば良いのか?

  • 辞める辞めないの気持ちで揺れている
  • 近々(3ヶ月以内)辞める予定
  • まだ辞める予定ではないが、ずっと銀行にいるつもりはない
  • もう銀行辞めている。すぐに転職したい

どのタイミングでもOKです。

すぐに転職したい気持ちはなくても、登録しておけば新着求人が見られたり、オファー案件が舞い込んでくることがあります。

情報収集の為に登録している転職予定者もいるので、今後、転職するかしないかで考えている方でも登録しておいて損はないと思います。

銀行も安泰な職業ではない

昔は銀行に勤めたら安泰と言われてきました。(給料も良いし、待遇も良いし悪いトコなし)

しかし、今はメガバンクでも簡単に3,000人リストラとかやる時代です。その中でも定年まで勤めれたら素晴らしいことですが、ノルマや人間関係、余程メンタルが強くなければ生き残れない世界です。

特にメンタルやられてもう銀行の仕事はイヤだと思っている方、結論、転職したらそのイヤな世界から抜け出せます。なぜなら、病むほどしんどかった業務が、他業界では信頼のある戦力としてあなたを迎えてくれることがあります。

もう嫌だ。辞めたいと思ったら行動しよう

まずは行動です。「嫌だ。辞めたい」と思うだけでは、状況は変わりません。

仕事中「あーもうやってらんねぇ。仕事辞めたい」と心の中で呟いたことはありませんか?しかし、呟いたところで明日はやってきます。頭の中で辞めたいと思っても、家に帰ってご飯を食べて寝たら、また明日がやってきて「辞めたい」と同じことを呟くだけなのです。

転職は1歳でも若い方が有利と言われます。

思い切った行動はどうしても躊躇すると思いますが、時間はサラサラっと流れていきます。まずはどんな求人があるかチェック。その後は自分が本当にどうしたいのか考えてみましょう。

事務職関係の転職サイト・転職エージェントの記事はコチラ