自分以外、ビートルズを知らない【Yesterday】を観に行ってきました

ピアノ

<出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com』

売れないミュージシャンに起こった奇跡(*´∀`*)
ある日突然、あの世界的有名なビートルズを、自分以外は知らない世界になってしまった物語です。
私はビートルズについてそんなに詳しくありません。しかし、音楽の教科書に載っていたり、自分の親世代は熱狂的なファンがいたり、ビートルズがいなかったら今の音楽はないと言われる程、偉大なバンドのことは知っています。

普段あんまり映画鑑賞はしませんが、直感的に気になり私なりに感じた感想、ネタバレも含め書いていきます。

所詮ビートルズの代わりにはなれない

出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com』

当たり前ですが、ビートルズの曲を自分が作ったかのように歌ってもビートルズの代わりにはなれません。
大スターに駆け上がって行っても主人公ジャックはビートルズの偉大さを痛感し、罪悪感に駆られます。エド・シーランから「その閃きはどこからくるのだい?」と問われても「その時の気分で」「友達の息子を思って作った」等、適当な回答しか答えられません。もし、ジャックが大のビートルズファンならきちんとした曲の解説を答えることができたでしょう。結局は「富」と「名声」欲しさにビートルズを利用したにすぎません。

ビートルズのいない世界なんてつまらない

実は、ジャック以外にビートルズを知っている人がもう2人いました。
コンサートの控え室でその2人に会い、詐欺師として逮捕されるんじゃないかと覚悟していたジャックでしたが、「ビートルズの曲を広めてくれてありがとう」「ビートルズのいない世界なんてつまらないもの」と逆に御礼を言ってくれたのです。ちょっとウルっときました。

何かを得るということは何かを失うこと

出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com』

友人・車の送迎役を担っていたマネージャーのエリーの存在です。売れないミュージシャン時代からずっと支えてきたエリー。ジャックがどんどん有名になっていくのと同時に、エリーが離れていきます。まさに何かを得たら、何かを失う瞬間です。
結局、ジャックは「これは自分の曲ではありません。この曲を作った人は他にいます。ビートルズという4人の天才によって作られた曲なんです」と告白し、スターの道を諦めます。そしてエリーにプロポーズ。結婚して普通の人生を選びました。

おわり:ビートルズの存在で良い夢を見させてくれた主人公

ビートルズを知らない世界であり得ない経験をしたジャックでしたが、結局その重みに耐えることは出来ませんでした。人間って正直ですね。
最後エンディングはこの曲でした。
やっぱり本物は違いますね。ちょっと鳥肌がたちました。

↓こちらにも入っています。
ビートルズを知らない方でも、大体聞いたことのある代表曲がほとんど入っています。