ピアノを習ったら音楽の通知表は「5」確定な話→【成績表を公開】

ピアノ

こんにちは、mogukoです。

小さい頃、習い事でピアノを6年間やっていました。
そのおかげで、音楽の成績はいつもトップクラス。それ以外の教科に勉強する時間を設けることができていました。

他教科の成績はイマイチでしたが・・・。笑

音楽に関しては勉強もほとんどせず、いつも好成績でした。

ピアノを習っていたら、良いことあります。

本記事の内容

  • ピアノを習ったら音楽の通知表はオール「5」→【成績表を公開】
  • 音楽のテストは必ず「実技」あり→ペーパーのみで評価しない
  • ピアノができたら、周囲の目が上級クラス扱いになるかも

ピアノを習ったら音楽の通知表はオール「5」→【成績表を公開】

私は小学1年〜6年までピアノ教室に通っていました。
中学に入ってからは、時間があったらたまにピアノを弾くと言う生活でしたので、そこからは成長は止まっていました。

ですが、成績はトップクラスでした。

上記の成績表は高校の時の成績表です。(小・中学校の成績表は見つかりませんでした・・・。)
習い事はやめても、ピアノの効果はここまで表れています。

これだけは自分を褒めたいと思います。

多少、暗記系の勉強はしたかと思いますが、あまり時間をかけて勉強した覚えはありません。

中学3年の時も音楽だけは「5」だったと思います。
証拠を見せれないのは申し訳ないのですが、他の成績が悪すぎて、音楽だけは良かったのを覚えているので、記憶は確かだと思います。笑

オール「5」とれる理由→既に学習したことを授業している感覚

ピアノを習っていたら、学校でやる授業はもう学習済みになります。

学校で教える音楽内容↓

  • 有名な作曲者の説明・解説
  • 音符、休符
  • 楽譜の読みかた
  • リズム
  • 反復の記号
  • 省略・強弱の記号

こんな感じでしょうか?具体的にはこちらの記事に載っています。

音符やリズムは、もうピアノを弾く時点で楽譜を読むこととセットになるので、そこで自然に覚えることになります。なので、音楽の教科書に載っている曲は、もう見た時点で譜読み完了です。

音楽のテストは必ず「実技」あり→ペーパーのみで評価しない

実技テストで私が経験したのは、下記の3つでした。

  • 歌のテスト
  • リコーダーのテスト
  • 楽器のテスト

歌は除くとして、リコーダーや楽器は楽譜が読めないと演奏は難しいです。
そんな時にやっててよかったと思えるのはピアノ=音楽です。

楽譜が読めたら、音がわかり、リズムもわかります。
多少リコーダーで押さえる音を間違ったとしても、リズムがあっていたら大丈夫ではないでしょうか?

音楽をやっていない人はこのリズム感がありません。

スラースタッカートがわからないので、そこをわかっているいないで差が出てきます。

楽器は言うまでもなく、ピアノが一番アピール力が強いです。

学校に絶対ありますからね。しかもグランドピアノがほとんどでしょう。狭い家には絶対置けない高級ピアノです。これを利用できるなんて学校しかありません。

ピアノができたら、周囲の目が上級クラス扱いになるかも


合唱コンクールとかあったら、間違いなく伴奏者として重宝されます。
ピアノ経験者の中でさらに上のクラスに行けたら、周囲から一目置かれることは間違いなしです。

私は普通科の高校に通っていたので、ピアノが神レベル並みの上手い子はいませんでした。クラスで1・2人経験者がいる程度でしたので、その中で上級クラスになるのは幸運でした。

こんなことを書いたら自慢話に聞こえると思いますが、人間どこか認めてもらいたいと思う承認欲求が必ずあります。私はピアノを武器にこの欲求を利用していました。

持ちすぎは良くないですが、モチベーションにはつながります。

自分に自信がつくきっかけになる

私は間違いなくピアノのおかげで、自信がつきました。周囲から「すごい」と言われる優越感を味わうことができました。

ピアノだけじゃなくても良いですよね。ギターでもバイオリンでも言えることだと思います。

私は運動神経も勉強も全くできなかったので、このピアノだけは本当にやって良かったと思います。ピアノのおかげで、音楽は好成績。伴奏の出番があると、周囲から一目置かれる存在になる。

これだけで一気に承認欲求を満たすことができました。

大人になってからはそんなに必要のない科目ですが、思い出は確実にデカいものとして今後の自分に活きています。

ピアノを始めようか迷われている方、私の体験を参考にして頂けたら嬉しいです。

ピアノばんざい(^◇^)