ピアノをやめたいと子供が言い出した。→ 【本音は続けたい気持ちもあり】

ピアノ

こんにちは、mogukoです。

ピアノを楽しく続けていた子供のが突然「ピアノをやめたい」と言ってきたとき、あなたはどうしていますか?

原因はたくさんありますが、本音はやめたくない気持ちも入っています。私も子供時代、そんな時がありました。

どんな気持ちでそんなことを言ったのか、解説していきます。

(自論になりますので、あくまでご参考にどうぞ(*´ー`*))

本記事の内容

  • ピアノをやめたいと子供が言い出した。→ 愚痴を言いたいだけ
  • ピアノをやめたいと考えるきっかけとは?
  • 【継続は力なり】続けていたら良いことがある

ピアノをやめたいと子供が言い出した。→ 愚痴を言いたいだけ

結論:壁にぶち当たって「無理だ」と駄々をこねているだけです

まぁこれは仕方のないことです。ピアノ以外でも壁にぶち当たることはあるでしょう。それと一緒です。

ちなみに私も、「行きたくない」と親に泣きながら駄々こねていたら、「じゃあやめるんか?」との回答に決まって「行く」と答えていたそうで・・・。

やめへんのかいっ!と親はいつも思っていたみたいです。笑

難しく険しい越えられない壁にぶち当たって、「こんな状況なの。大変なの。私の苦しみを聞いて〜」と愚痴を聞いて欲しかったんかなと思いました。

正直、向き不向きはある

大人でさえ「やってみたけど続かなかった」というような事、よくあることです。

自分からピアノに向かうことをしなかったり、全く練習しない日々が続いたら、停滞期間なのか、向いていない可能性があるかも知れません。

練習しないことはあっても、ピアノに向かっていたらまだ好きなサインです。
私がそうでした。

ピアノをやめたいと考えるきっかけとは?

ざっとあげてみました。

  • 難曲をなかなか克服できず、ギブアップ宣言
  • 先生が怖くて、怒られるのが嫌だからやめたい
  • 同じ曲を何回も弾かされ、飽きた
  • 性格上つまらないと感じた。向いていない

上記の4項目の中でも。「やめたい」と思うパターンはほとんどがこのパターンだと思います↓

曲が難しい、いつも同じ所で間違う

ピアノの練習をしなくなる

先生に怒られる

ピアノが嫌になる

やめたくなる

課題曲がなかなか上手く弾けない→上手く弾けないから先生に怒られる→何回も怒られるからもう「嫌だ。逃げたい」と言う気持ちになり、やめてしまう。

私の通っていたピアノの先生も、ものすごく厳しい先生でした。
いつも泣きながら練習、帰っていたのを覚えています。

でもピアノが嫌いな訳ではありません。

先生に怒られるが嫌でピアノが嫌だと言う状況でした。
怒られるのが嫌だったら、練習して上手くなればいいのですが、練習もボイコット。やる気も起こらないので、悪循環。

そしてこうなります。

「ピアノは好きだけど、練習しても上手くならない。また先生に怒られる。もう嫌だ!どうにでもなれ!何もかもが嫌じゃー!」

と言う心の叫びはいつもありました。

「親に習わされた」はやめる確率が高いかも

あと、親のエゴで習わさせたは、残念ながら辞める確率が高いです。
親がどんなに思い入れがあっても、ピアノをするのは子供。
子供=親ではありません。

私より前にピアノを習っていた同級生がいましたが、親がピアノを習っていた理由でピアノをはじめていました。

早く始めたので私よりも上手く、連弾を一緒にやったことがあったのですが、難しいパートを軽くやっていたので、「すごいな」と思いつつ、嫉妬したところもありました。

ですが、知らない間にやめてしまったのです。

大人になってから教えてもらったのですが、「親に習わされたから、全然楽しくなかった。本当はテニスをしたかった」と言っていました。

他の好きなことをさせた方が、子供のためになることもあります。

こーゆー子は継続しても良い

個人的な意見ですが、こんな子は継続してもいいんじゃないかと思います。どんな子か?

誰とも遊ばず、1人でピアニカをずっと吹いている

これは、幼稚園の頃の私です。
誰とも遊ばず、外にで出ず、ずーっと1人でピアニカを吹いて遊んでいたらしいです。「大丈夫か?」と心配させるほどに。

「楽器が好きなんかな?」と親は思い、これがきっかけで小学生に上がった時、ピアノを始めました。

人と遊ぶより、楽器に夢中になって完全に1人の世界に入っていたみたいです。

【継続は力なり】続けていたら良いことがある


ピアノは簡単に上手くなるもんではありません。
ショパンの曲を弾けるまでに10年かかった人や、または2年でマスターした人、人によってペースは異なります。

私は中学に上がる時に「忙しくなるから」と言う理由でピアノをやめてしまいましたが、自分の意志で「やめたくない」と言えばよかったと後悔しています。

決して先生から贔屓にされていたことはありません。いつも怒られていました。
怒られてもう嫌だと嘆くことはしょっちゅうありました。

でもやめても、ピアノだけは置いていました。(電子ピアノに替えましたが・・。)

そして現在もたまに弾いています。

ピアニストになれなくても、趣味程度のレベルでも、お金稼ぎにならなくても、1つのことを継続していたらどこかで役に立ちます。人生の財産になります。

私は高校の時、合唱コンクールで伴奏をやる機会ができたのも、ピアノから離れなかったから、こんな出番が回ってきたんだと思っています。

私の例になりますが、6年間続けてみて下さい。教室をやめたとしても、スキルは確実に残っています。

やめたい理由は色々あると思いますが、「やめたい」を乗り越えた先に、ちょっと良い景色が見えてくるかも知れません。

子供さんにとって良きピアノライフを送れることを祈ります(●´ω`●)

関連記事【ピアノのレッスン】 厳しいのは当たり前→ 泣くのも経験。私はいつも泣いていました。

関連記事ピアノを辞めたことを後悔→自分に自信がもてなくなり、嫌な思いを経験