まず、「今の給料を上回る不労所得」を目標にする。

ひとりごと

「上司が嫌いだから会社を辞めたい」
「そのために経済的な余裕を手に入れたい!」
そう考えるサラリーマンは多いでしょう。

自分が会社で働いているのは自分のためであって上司のためではない・・・。
会社への貢献が自分にフィードバックされるのだから、上司は関係ない・・・。
そう考えるようとしても、仕事の現場ではどうしても「上司対自分」という構図が成り立ってしまいがちです・・・。

私たちのサラリーマン時代にも、嫌で仕方がない上司は確かに存在していました。
「嫌な上司のためになんか働きたくない」
そう考える人がたくさんいても不思議ではありません。
だからこそ、「いつでも会社を辞められる」ようにするために、お金を働かせて経済的な余裕を得るということに目を向けるべきなのです。

とは言え、「会社を辞める」というのは、非常に勇気がいります。
「投資で稼いでいるから会社を辞めてもいいや」と言える基準は具体的にどこにあるのでしょう?
私たちは、それをとてもシンプルに考えています。
「(投資などによる)不労所得が、現在の労働所得を上回ったとき」ここで初めて「会社を辞める」というカード・・・選択肢を手に入れた、と考えてもいいでしょう。
またはそれ以前に、「生活する上でも必要最低限のコストを不労所得で確保できたら、サラリーマンを趣味にできる」としてもいいでしょう。
たとえば今もらっている給料が40万円だとして、「20万あれば生活できる」という人であれば、不労所得が20万円を超えたら、「義務」ではなく「趣味」としてサラリーマンをやっていくだけの心の余裕が生まれる、というわけです。
ただし、「上司が嫌だから会社を辞めてやる」というのならば、やはり労働所得を上回るお金が必要です。「今の給料を超える」ことを目標とすべきでしょう。
現在、サラリーマンとして働いている人の中にも、仕事が好きで、それを極めようとして会社勤めをしている人もいると思います。
そんな人が転職をするときというのは。「自分が仕事を極めるにあたって、より良い環境で仕事をしたいから」ということになります。
この場合にも、やはり生活するうえでの必要最低限のコストを不労所得でまかなえていることが安心材料になるはずです。
不労所得がなければ、環境の悪い現状にいつまでもしがみついていなければならないでしょう。

投資は、現状を打開し未来の選択肢を増やす手段なのです。

投資を始めて、お金がお金を生み出すようになってくれば、それは単に「お金が儲かった」ということではなく、自由に働くための”希望の光”が見えてきた、ということでもあるのです。