【転職経験者】退職理由で人間関係とは言いにくい。一身上の都合と言い切ろう

仕事

転職活動したら、必ず「前職を辞めた理由を教えて下さい」て聞かれるけど、正直に答えてるべき? でも、「人間関係で辞めました」なんて言える訳ないし、何て答えたらいいのかな。。。

こうい言った疑問にお答えします。

私は、「一身上の都合」と言い切りました。

本記事の内容

  • 【転職経験】 「退職理由は人間関係です」は言いにくい→メリットなし
  • 聞かれたら「一身上の都合」と言い通せば良い
  • エージェントにも「人間関係で辞めた」と言わない方が良い
  • 人間関係に相性良し悪しは仕方ない。あなたは悪くない

【転職経験】 「退職理由は人間関係です」は言いにくい→メリットなし


転職活動の面接で、「前職を退職された理由は何ですか?」と言う質問は 100%聞いてきます。 これは覚悟しておきましょう。

私も転職活動中、面接に呼ばれた会社で必ず聞かれました。

正直に答えなく良い

しかし、採用してもらうために、正直に答える必要はありません。逆に「人間関係が理由です」なんて言ったら、間違いなく不採用になります。いや、そうでしょうね。

採用する側にとっては、「この人は何か問題のある人なのか」と印象を与えてしまうからです。

例えばですが、もしあなたが下記に当てはまる人だったら採用されないでしょう。

  • 感情起伏が激しい
  • 協調性がない
  • 自己主張の激しい
  • 社員の調和をみだす

こんな人がいたら、どこの会社も嫌がりますよね。トラブルメーカーみたいなものです。 でも、上記に当てはまる人は、転職活動以前に会社を辞めるなんてことはありません。

だって、自我を出した状態で仕事をしているので、気を病むことがないじゃないですか。

逆に人間関係で気を病んで、転職活動をしている人はこんな特徴だと思います。

  • 我慢してしまう
  • 繊細
  • 自己主張が強くない
  • コミュニケーションが苦手
  • メンタル弱い

その職場の雰囲気もあるかもと思いますが、精神的に強くない人が職場の同僚や先輩、上司等、人間関係に疲れ果ててしまい、退職して次の転職先を探している人がほとんどかなと思います。

実際、私もそうでした。仕事が辛いのもありましたが、結果的に人間関係がキツく、退職しました。

しかし、それを退職理由として転職先に言うのは、ナンセンスです。

相手からしたら、メンタルの弱い人材なんかいらないからです。
だって、自己主張が激しく、空気の読まない人間なんてどこにでもいますからね。それをわかった上で人材を探しているので、人間関係に撃たれ弱い人材は、どこの会社もいらないのが実情です。

なので、人間関係を理由に辞めたなんて正直に言っても何の得にもなりません。

聞かれたら「一身上の都合」と言い通せば良い


「一身上の都合」と言い切れば、それ以上聞く面接官はいません。

しかし、それだけで黙り込むのは良い印象を与えられないので、

「御社の仕事内容に興味を持ち、応募させて頂きました。」

と話を展開させていけば、退職理由を言わずに次の質問へと進むことができます。

一番聞きたいのは、職歴と人柄

会社か一番聞きたいのは、これまでどんな仕事を経験してきたのかです。
新卒とは違い、即戦力を求めているので、スキル面を充分にアピールすれば良いです。

人柄は、履歴書だけではわからない為、面接で長所と短所あたりは自己分析して整理しておいた方が良いと思います。

正直、転職先が決まるかは相手の面接官と運だと思う

銀行を辞めて、転職活動した時に思ったのですが、どこの会社に決まるかは、相手の面接官と運がほとんどかと思います。

当時は事務職であれば、どこでもよかったので事務職を中心に探していました。とても良い求人を見つけて最終面接まで行ったのに落とされたりしたこともあります。何が原因だったのかわかりません。

逆に、たまたま書類選考が通ったので、望み薄で面接に行ったら、採用されました。それが二社目の会社でした。 (3年で辞めましたが・・・)

面接の青本とか読みまくりましたが、台本のように覚えてもそれを面接の場で披露することはありませんでした。結局、アドリブで自分の口から語りましたが、相手がどんな反応を示すかは相手次第であり、それはこちらでコントロールできません。

ただ、「人間関係で辞めた」とバカ正直に言うのはやめよう

相手の反応はコントロールできないとしても、バカ正直に言うのはやめましょう。

相手側にしたら社員の職場雰囲気をブチ壊す相手を入れる訳にはいかないと考えるのが普通です。 退職理由は必ず聞かれますが、重要度としたらそんなに高くないと思います。

もう、適当にウソついて他の質問に時間をとらせましょう。笑

人間関係を理由に辞めた退職関係の記事です。ご参考に(*^。^)

エージェントにも「人間関係で辞めた」と言わない方が良い


転職の際、エージェントに相談するのもアリですが、ここにも黙っていた方が良いと思います。
実は、私は一度転職エージェントを利用したことがあったのですが、転職先をサポートしてくれる人なので正直に話したら、「紹介できない」と冷たくあしらわれました。

今考えたら、そうだよなと感じますが、正直ショックでした。エージェント側も相手の会社に迷惑をかける訳にはいかないので、すぐに会社を辞めてしまうかもしれない人を転職先に紹介する訳がありません。

なので、もし利用するのであれば「人間関係で辞めた」とは言わず、こう言いましょう。

  • スキルアップしたい
  • 新しい仕事にチャレンジしたい

初回は必ずヒアリングがあるので、前向きな理由をつけて、活動したら良いと思います。

エージェントを試すなら求人数の多い所

  • DODA:転職者満足度No.1
    大手サイトなので信頼度は抜群。上記の退職理由記事もここからピックアップしました。求人数も圧倒的に多いです。登録しておいて損はないでしょう。

情報収集として便利

ちなみに、冷たくあしらわれた所は、某大手エージェントでした。(上記には載せていません) たまたま出会った担当者が悪かっただけかも知れませんが、おそらく他のエージェントも同じ対応をすると思います。

その後の対応でも、やっぱやり辛いと思うので、言わない方が良いと思います。

人間関係に相性良し悪しは仕方ない。あなたは悪くない。


人間関係で会社を辞めたことに、自分は欠陥人間ではないかと思ったことがありました。でも、自分を責めても仕方ありません。
お金を稼ぐ為には働かねばいけませんが、精神を病んで、体調を壊してまで働く必要はないと思います。

率直に合わなければ、サクッと辞めて次の会社を探しましょう。

100人の人間がいれば、100通りの育った環境、生き方があります。
職場で全員右向け右と言われれば、1人は左を向く人だっています。

小学校の頃に教わった、「みんなで仲良くしましょう」は会社ではそう簡単に成り立ちません。

結論:人間関係は難しい・・・。

私は人付き合いが苦手な人間です。内向的、人見知り、群れが苦手です。

苦手だからと言って、逃げてばかりはいかがなものかと思われそうですが、私は逃げて、精神や体調が回復するならばそれは良いと思っています。

我慢することが美徳なんて思っていません。

新しい職場を探すことは大変でエネルギーが要ります。人間関係は切っても切れない問題ですが、必ずあなたに適合した会社は存在します。

諦めずに新たな一歩を踏み出し、新しい会社でまたスタートさせて下さい(*^。^)