【よくある勘違い】キャッシュカードの暗証番号を忘れたら銀行員が教えてくれる。→いいえ、教えてくれません。再発行して下さい。

仕事

こんにちは、mogukoです。

皆さん、キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまった時、銀行に問い合わせたら教えてくれると思っていませんか?銀行に勤めていた時、この問い合わせがすごく多かったので、ビックリしていました。結論、教えてくれません。

私は銀行に4年、その内半年は支店で窓口をしていました。半年間の間ですが、それなりに経験したことを書いていこうと思います。

本記事の内容

  • 【よくある勘違い】キャッシュカードの暗証番号を忘れたら銀行員が教えてくれる → いいえ
  • 家族でも口座を持ったら他人扱い
  • 暗証番号忘れても、お金は引き出せます。

【よくある勘違い】キャッシュカードの暗証番号を忘れたら銀行員が教えてくれる → いいえ


通帳を作った瞬間、その通帳に入るお金はあなたが管理すべきお金となります。
その大切なお金を守るのはあなただけです。
どんな状況になっても、信頼していない人に絶対キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。

「電話で聞いたら教えてくれる」→ありえない

電話で問い合わせがきた時「なんで教えてくれないんだ」と怒られたことがありました。

銀行は確かに口座を作ったお客様の顧客情報は管理しています。しかし、電話の相手が本人かどうかも確認しないまま、簡単に教えることなんてありません。むしろ無理です。

もし銀行員が簡単に教えたら、もうそれは情報漏洩ですよ。笑

電話の相手が本人ではなく、なりすましの可能性もあります。必ずしも本人と喋っているという証拠がありません。そんな不確実な状態で教えることは絶対ありません。

役人が聞いてきても絶対教えてはいけません。

警察や市役所、銀行員、金融庁や公的機関のお偉いさんから電話がかかってきて聞かれても、絶対教えてはいけません。
当たり前ですが、意外にもこれがわかっていないお客さんがたくさんいました。

まず、キャッシュカードや通帳などを聞かれること自体、不審に思わないといけません。

実際あった詐欺関連の事例

他支店で実際にあった事例です。ツッコミ口調で解説させていただきます。

  • 「口座狙われているから別の口座へ移してください」
  • →別の口座なら安心なのか?てかその口座は誰の口座?お金を移したとしても、その別口座の情報を私は知らない。移し替えてもすぐに引き出せないじゃん。という状況になります。
    「別口座のキャッシュカードを送ってください。あと暗証番号も教えてね。」と聞いてみて下さい。絶対答えませんから。笑

  • 「還付金があるのでATMで操作して受け取ってほしい」
  • →いやいや、何でこっちがATM行かなきゃいけないの?ATMで操作するということは、振込ですよね?振込=出金ですよ。
    本当に還付金があるなら、私たちがやることは記帳だけです。振り込まれてなかったら、「還付金まだですか?早く振り込んで下さい。」と言ってみて下さい。笑

家族でも口座を持ったら他人扱い


家族それぞれ口座を持ったとしても、銀行からしたら一人一人、他人として扱います。

「息子が暗証番号忘れたみたい」→だから何?再発行して下さい。

こんな問い合わせがありました。

子供の代わりに来店されたお母様が「息子がお金を引き出そうとしたけど、暗証番号忘れて引き出せなかったらしい。代わりに私がお金を下ろしに来たので暗証番号を教えてほしい。」と言ってきました。

 いや、無理です。

いくら本人の了承を得ているとしても、その言葉を信じて暗証番号を教えるなんて絶対ありえません。だって、あなたがその息子の母親なんて、たくさんのお客さんを接客している銀行側からしたら、いちいち覚えていません。てか知りません。笑

こんな状態はもう再発行しかありません。もちろん、本人が来店条件です。それが難しかったら、書類を母親に渡し、郵送で送ってもらう手続きとなります。

暗証番号忘れても、お金は引き出せます。


安心して下さい。暗証番号忘れても、お金を引き出すことは可能です。
またもう一つ、キャッシュカードを紛失しても大丈夫です。その方法は1つ ↓

 印鑑(届出印)があれば、窓口でお金を引き出せます。

毎回窓口はめんどくさい。再発行ってお金かかるの?

暗証番号の失念の場合、多分無料です。上記の必要書類を持って手続きすれば、また新しい暗証番号を作れます。

今は、インターネットからの申し込みで手続きもできるので、わざわざ窓口に行かなくても大丈夫な銀行もあります。

印鑑(届出印)を紛失してしまった場合

お金はかかりませんが、これも再発行です。しかし、これくらいなら窓口に行けばすぐに手続きしてくれるはずです。

必要なもの

  • 通帳
  • 新しくお届けになる印鑑
  • 運転免許証・健康保険証などの本人確認書類

暗証番号失念・キャッシュカードも紛失したら

必要なもの

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • (→暗証番号失念の場合)

  • 印鑑(口座開設時に作った届出印)
  • 運転免許証・健康保険証などの本人確認書類

ちなみに、キャッシュカードは再発行手数料1,100円かかります。

メガバンクは全てかかってきます。詳細ページは下記の通りです。

  • 三菱UFJ銀行
  • →スーパーICカード KIPS+PiTaPaは、手数料 2,200円かかります。

  • 三井住友銀行
  • →普通預金のキャッシュカードなら、即時発行してくれるサービスがあります。(一部の店舗限定)

  • みずほ銀行
  • →磁気/ICが不良になり使用できなくなった場合は、店舗でお手続きしたら手数料「無料」にやってくれます。

多分ですが、メガバンクじゃなくても地方銀行・信金もかかってくると思うので、そこはご注意ください。

銀行の信頼を得るには、自分という証明ができる書類が一番効果的です。人より証明書です。笑

どんなに急ぎで「お金を早く引き出して欲しい」と思っても、銀行はその急ぎに応えません。
まずは、相手のお客さんが何者で本当にお金を引き出しても良いのかを書類等を見て確認し、そこからお金をお渡しします。(多額の場合)
「自分のお金なんだから、何でそんなに厳しいんだよ」と思う人もいると思いますが、それが銀行です。

お金=信頼。信頼=銀行で成り立たないと、存在の意義がなくなってしまうので。。(色々不祥事はありますが、ここは覗きます。)

どうか、銀行で待たされてイライラしても、お手数ですが手続きに従って再発行してください( ˊ̱˂˃ˋ̱ )