「ほめる」ではなく「感謝」や「共感」で勇気づけよう

ひとりごと

ほめてはいけない。
ほめられて育つと、他人の目を気にするようになる。
常に顔色をうかがう、臆病な人間になってしまう。

アドラー心理学では、「ほめる」ことは勇気くじきである、と考えます。

一般的に「ほめる」と「叱る」は1セットです。相手が望ましい行動を取った時にほめ、望ましくない行動を取った時に叱るのです。
それは相手への操作です。その結果、ほめられて育った相手は「成功しても人に認められるのでなければ満足しない」ようになります。
このことが高じてくると、課題解決のやりがいや楽しさを忘れ、評価そのものを求めるようになり、コンプレックスと言う手品を選ぶようになります。また、評価されないことには努力しなくなります。
さらには、自分ではコントロール不可能な、他社の顔色をうかがうために緊張し、不自由で不自然な態度を取るようになるのです、
アドラー心理学は、ほめずに勇気づけることを推奨しています。
勇気づけとは、相手が「自分には貢献する能力があり、価値がある」と思えるような働きかけのすべてです。

ですから「これをやればOK」というような魔法の言葉はありません。
相互尊厳、相互信頼があり、相手を操作しないことが必須条件となります。その前提の上で「ほめる」よりも「共感」感謝」することが、勇気づけになるでしょう。